林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


トンカ書店10周年企画

f0307792_20053440.jpg

久しぶりに神戸のトンカ書店へ。トンカ書店10周年企画、永田収写真展「古本屋店主・人物往来」。十年が経つそうだが、そういえばトンカさんも結婚出産を経験された、店の雰囲気はほぼ変らない。出入口あたりの積荷が少し増えたかなというくらい。変らないから新しい……ではないけれども変らぬ姿勢がこの持続を生んでいるような気もする。

展示スペースもかたくなに守っている。これはできそうで出来ないこと。ここで展覧会を開催するか、しないか、というのは古本屋としては非常に大きく意味が違って来る。もちろん展覧会は必要だと思う。しかし、それがなかなか難しいことなのだ。それをやり続けているのが偉い。永田収さんの写真展も繰り返し行われてきた。こういうシブイ作家との関係も貴重なものである。

f0307792_20053396.jpg

f0307792_20053223.jpg


f0307792_20053013.jpg

みなさん、いい顔しておられる。ロードスさんの笑顔が見えないのが寂しいなあ……。写真展は明日15日まで。

f0307792_20052999.jpg

[PR]
by sumus2013 | 2015-11-14 20:15 | 古書日録 | Comments(0)
<< リシャール・ルノワール通り Byblis >>