林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ときには積ん読の日々

f0307792_20463795.jpg

吉上恭太『ときには積ん読の日々』(トマソン社、二〇一五年一〇月二七日、装丁=千葉泉、挿画=あまのさくや)。吉上夫妻とは親しくさせてもらっている。奥さんが空想ガレリアの肥後さんと懇意で、その関係もあり、また小生が画家のなかの名文家として内田巌のことを度々取り上げていたこともあり(内田巌の娘さんが本書にも登場する恭太さんの母上、内田巌は内田魯庵の息子である)、小生が上京したときにお会いすることが重なった。たいていは小生の個展を見に来てくださるときなので、まだ小生は恭太さんのライブも拝聴せず(CDは頂戴しました!)、奥さんの写真展も拝見していない。残念しごく。

本書には「ギターを弾き始めたころ」という素晴らしいエッセイが収められている。これは読んだことがあるぞ、と思ったのも当たり前でかつてdaily-sumusで紹介した「サウダージ ぼくとギターと音楽と」として発表された作品をベースにしているようだ。本書と比較してみるとかなり書き換えられているようだが、伊勢昌之という傑出したギタリストの姿に自らの青春を投影しながら、まさにサウダージとして描いており、切ない物語をユーモアに包みながら柔らかく表現した恭太タッチが見事だと思う。大リーグ担当の雑誌編集者だった時代の思出も同じように懐かしくどこか物寂しく、そして何だか滑稽味もある、恭太さんでなければ書けない世界になっている。翻訳ではない著書としては処女作だとか、意外だった。トマソン社としても単行本処女出版だし、装幀の千葉泉さんも初めての装幀だそうだ。初々々しい一冊。

ときには積ん読の日々

ときには積ん読の日々 トマソン社

吉上恭太「ときには積ん読の日々」挿絵を担当しました。


[PR]
by sumus2013 | 2015-11-09 22:18 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 下宿・アパート 感想文集『天野さんの傘』 >>