林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
「本は宝だ」とある古本屋..
by sumus2013 at 19:31
売れない本はゴミとして処..
by epokhe at 16:01
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


橋、渡りました

f0307792_00014119.jpg

秋色が濃くなってきたリュクサンブール公園。散策しながらスケッチも。本日は好天、気温も穏やか。

先日、窓だけ紹介したポン・トラヴェルセへ入ってみる。日本との関係も浅くないし日本人の顧客も多いようなのでマダムは愛想よく迎えてくれた。ここでもローラン・トポール、窓から見えていた『デッサン・パニック』を求める。他にもトポール特集の雑誌、絵本など出してくれた。が、そろそろ予算も尽きていたので、そちらは諦める。

f0307792_00045884.jpg

先週、飾窓に出ていたマン・レイについて尋ねてみた。今日はすでに引き上げられていた。顧客の所蔵品をある一定期間だけ展示していたもよう。マン・レイの彫刻作品を撮った写真ながら撮影者はマン・レイではないそうだ。ただ、ちょっとややこしいのだが、チラージュ(プリント)したのはマン・レイだそうで、だからマン・レイが自筆で裏面に署名したのだとか。マダムは丁寧にゆっくり説明してくれたので内容はよく分かった。

また機会があれば立ち寄りたい本屋である。そのためには、もう少し財布を暖かくしておかないと……。

[PR]
by sumus2013 | 2015-10-31 00:26 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by manrayist at 2015-10-31 08:33 x
林様 写真に対するマン・レイの姿勢は興味深いですね、貴重な情報を有難うございました。
Commented by sumus2013 at 2015-10-31 23:12
話が本当なら珍しい例ですよね? マン・レイ写真ではないということで値段もそんなに高くはありませんでした。ただ、サインの信憑性がどこまであるのかは……
<< 帰り支度 剣の舞 >>