林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


剣の舞

f0307792_03210481.jpg


サン・ポールの知人宅を訪ねた。メトロを出たところにある今様カルーゼル。

Salim Jay『Merci Roland Topor』(Fayard, 2014)読み終わる。著者は晩年のトポールと交遊があったようで、トポールの息子、妹らの他、多くの著名人や市井の人々からトポールについての思い出を引き出している。印象に残った文章を少し引用しておきたい。

f0307792_03122836.jpg


《サヴォワ、一九四三年頃、エレーヌとローランは葡萄を摘んでいた。「おにいちゃん、父さんと母さんのために神様にお祈りしましょう」と妹が言った。無駄だよと兄は答えた。「ばかだなあ、神様なんていないんだよ。今朝のミサのとき僕は神様にクソ喰らえって言ったんだぜ、もし神様がいるなら、とっくに罰を受けてるよ! なんともないってことは、神様はいないんだ」》

トポール兄妹はナチに捕まらないようにパリを出てフランスの地方を転々としていた。一九四三年ならトポールは五歳だ。父アブラムは強制収容所へ送られたが、かろうじて脱出に成功したそうだ。パリの四区、五区、六区あたりにはユダヤ人の犠牲者たちを追悼するモニュメントがあちこちに見られる。七十年たったから忘れる、というようなものではない。

《『方法序説』の削除によるトポール流の解体は不条理と同じくらい絶対的な過激さによる行為だった。だが、不条理はおそらくトポールが信じた絶対唯一のものである。》

トポール、不条理(absurde)を信じる、ゆえにトポールあり。

《ーーあなたはコレクションへの情熱をお持ちですか?
 いや、実際、私が執着しているのは父親の絵と友人たちの絵だけだよ。》

《人生の最初の段階では、好きな本、レコード、絵などに取り囲まれたテリトリーを自分のまわりに作るものだが、それについては三万六千通りの言い訳ができるのさ。

トポールはポーランド語で「斧」の意味だそうだ。トポールの父アブラムは画家を目指してワルシャワからパリへやってきた。しかし、生活のために絵に専念することはできなかった。晩年にいたってナイーフな(アンリ・ルッソーにやや似た)風景画を数多く残し、回顧展も開催されている。トポールは父の絵を非常に愛したようである。

f0307792_03191339.jpg

サン・ポールからメトロに乗ってシャトレで乗り換えた。シャトレは多数の路線が交差する広い駅である。そのなかでも地下通路が交差し、売店がある、ここの場所を通ると、たいてい誰かが演奏をしている。今日は小編成のオーケストラがハチャトリアンの「剣の舞」をやっていた。なかなか堂に入った演奏で(CDも出しているくらい)通行人の多くが足を止めていた。「剣の舞」というのはクルド人の戦いの舞いだという。


[PR]
by sumus2013 | 2015-10-30 04:23 | 古書日録 | Comments(0)
<< 橋、渡りました 小雨でも古本 >>