林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


洗濯船

f0307792_03134593.jpg

シャンペレ古本市にもう一度挑戦する。初日は空気が張りつめて活気があった。四日目ともなれば少し落ちついているだろう。案の定、客は極端に少なかった。二度目だから一軒一軒のぞくことはせず、目星を付けたところだけ。古写真を安く売っていたブース、ブルーシートがかかったまま。いつまで待っても開店しない。これは誤算だった。仕方がない、もうひとつ注目していた店で、予想通り売れ残っていたブツを有り難く買わせてもらう。

これで目的は達した。後はぶらぶら。ギャラリーの案内状(カルトン・ダンビタシオンと呼んでいた)ばかりをたくさん箱に入れて売っている店があったので一枚一枚たしかめていると、まだ若い主人が他にもこれとこれとこれが案内状だと言いながら分厚いファイルを三冊出してきた。せっかくだから全て目を通す。何か拾いものがあれば……と思ったのだが、状態もデザインも上質なものが揃っていたわりには、これぞというカードはなかった。

f0307792_03121036.jpg

ただ一点、上掲の小さな四角い冊子に惹き付けられた。本文十二頁。厚みは二ミリもあるかないか。一九五二年五月にパリ十八区ノルヴァン通十五のギャルリー・シュザンヌ・ミシェル(GALERIE SUZANNE MICHEL)で開催された「ル・バトー・ラヴォワール(洗濯船)」展の際に作られたもの。副題が「キュビスムの誕生 1900-1915」。モンマルトルの芸術家たちが下宿していたことで知られる洗濯船、ピカソ、グリス、マックス・ジャコブ、ブラック、ドローネーらの絵画、版画、デッサンが出品されたらしい。出品目録は印刷されていない。だからカタログではなく案内状と分類されていたのだろう。表紙だけでなく凝った本文レイアウトも気に入った。5ユーロ。ノルヴァン通というのは洗濯船からも遠くないし、サクレクールの塔が建物の後ろに見える、ユトリロがしばしば描いた街である。また洗濯……と言えば先日30年代美術館で見た洗濯展、本当の「洗濯船」がどういうものか、展示されていた版画に描かれていた。

Bateau-lavoir

この主人が「見てもらいたい本がある」と言って持ってきたのが泰山の石碑の拓本集。新しい版本だ。「これは日本の本か?」というので「中国の本」だと答える。五つ目綴じになっていた。綴じ目を指して「俺たちはこういうのを日本綴じ(ルリュール・ジャポネーズ reliure japonaise)と呼んでいる」と教えてくれた。

f0307792_03092710.jpg

ワンコが店番している……ちょっと色っぽい店があった。

[PR]
by sumus2013 | 2015-10-27 04:07 | 古書日録 | Comments(0)
<< 写真だけ! ときどき音楽 >>