林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


行商文学

f0307792_03103548.jpg

寒さが緩んで快適な秋空。最高気温は十五度ていど。いわゆる古本日和。またもやブラッサンス公園へ。シャンペレ古本市もいいが、ちょっと大掛かりすぎる。こちらの公園はいつものようにのんびり。古本屋の女房キョウコさんともまたしばし雑談できた。フランス人と結婚してパリに住んでいる日本人女性はかなりいるという話。目覚ましい活躍をしている方も少なくないようだ。

f0307792_03082712.jpg

スズメも立ち読み。誰かが平積み本のあたりに餌をまいている(ひょっとして店主?)。別の店では本の上を青虫がゆるゆると。

f0307792_18450869.jpg

2ユーロ均一テーブルでClaude BONNEFOY『La littérature de colportage‎』(Extraits de "Flammes et fumées", 1971)を見つける。以前、本の行商について少しだけ触れたことがあるのを思い出したのでこれには素直に手が出た。

本の行商

f0307792_03073361.jpg
f0307792_02544790.jpg


f0307792_02485976.jpg

著者によれば十九世紀半ば以前にはこれらのコルポルタージュ文学を調べる者は誰もいなかったそうだ。皮肉にもその最初の研究家はシャルル・ニザール(Charles Nisard)という本を取り締まる役人だった。第二帝政末期の一八五三年に「悪書 mauvais livres」を取り締まるため設立された検閲委員会の事務局長だった。すでに行商本は大量出版に圧されて衰退していたにもかかわらずニザールは容赦なくあらゆる行商本を検閲した。それが結果として歴史的、社会学的にも重要な調査資料として残ることになったのである。

[PR]
by sumus2013 | 2015-10-25 03:05 | 古書日録 | Comments(0)
<< ときどき音楽 シャンペレ古本市 >>