林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


KAKI

f0307792_02253116.jpg

小雨のなかふたたびエドガー・キネ通りのモノプリへ買い出しに。すると、キネ通りの中央分離帯でアンティーク市が立っている。中央分離帯というか、ほとんど細長い公園のような作りになっている。週に二日くらい食品を中心とした市(マルシェ)が立つ。それとは別にアンティーク市も定期的に行なわれるようだ。

古物は後でゆっくり見にくるつもりでまずシュペール・マルシェ(スーパーマーケット)モノプリの食品売り場へ。続いて自然食マーケット、セ・ボン(C'BON)に寄る。先日話題にした栗(シャテーニュ)とともに柿(KAKI)が並んでいた。スペイン産だそうだ。キロ当たり5.40ユーロは林檎や洋梨と比べると少々高めである。フランスではプロヴァンス地方で生産されているらしいが、パリ市内でも大きな柿の木を見た。なお「AB」という表示は自然農法による産品の意味。

買物を宿に持ち帰ってから出直す。雨のため人出は少ない。古本も1ユーロから。意外と本格的な古本屋も出ている。

f0307792_02302542.jpg


f0307792_02312655.jpg


f0307792_02321090.jpg

古本ではこれといって何もなし。古道具の方もざっと見る。高そうな絨毯や銀製品の店から、さまざまな日用品を放り込んだ段ボール箱をいくつも置いてすべて1ユーロと書いてある店まで。1ユーロに一瞬目が輝いたものの中を見れば見るほどがっくりしてしまう。ま、当然だ。

日本人の若い親子連れがやってきた。夫が1ユーロ箱から大きな哺乳瓶(陶器でできているようだった)を見つけて、何度か逡巡したあと、妻に向かって「これ買ってもいい?」と尋ねた。妻は「どうすんのよ、そんなもの」という顔をしたが「ほしければ、どうぞ」と渋々許す。子どもはもう五歳くらいにはなっているようだったから息子のためではない。小生もそんなもの買ってどうするのと心の中で思った……けれども、マジ人事ではないのであった。

[PR]
by sumus2013 | 2015-10-18 03:05 | 古書日録 | Comments(0)
<< ブラッサンス公園再訪 本のなる木 >>