林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヘンリー・ダーガー

f0307792_00103464.jpg

昨日の夕刻よりパリは雨。トロカデロまでメトロで。近代美術館へヘンリー・ダーガー展を見に行く。普通は乗り換えてイエナ下車がいちばん近いと思うが、乗り換えずにセーヌ河沿いに歩くことにした。トロカデロはエッフェル塔が真正面に見える絶景の高台。雨上がりの水たまりもものともせず世界各国の人々が記念撮影している。

f0307792_00123424.jpg

トロカデロ広場の下ではシトロエンDSが発売六十周年とのことで、十数台のクラシックなDSが並び、何でもそれに乗ってパリ観光ができるようなイベントが行なわれている様子。




f0307792_00043495.jpg


近代美術館はかなり久しぶり。昨年はたしかとなりのパレ・ド・トキオでフォンタナ展を見た。入口の金属探知機にひっかかる。カバンの中の折りたたみ傘が原因だった。カバンを開けて中を見せて無事通過。ウォーホール展もやっているが、そちらは無視。12ユーロだし。ダーガーは常設展示と共通で5ユーロ。

f0307792_00065635.jpg
f0307792_01300229.jpg
f0307792_01330380.jpg

ダーガー、見たいと思いつつ日本では見逃していた。展示はやや小規模ながら粒ぞろいの作品が並んでいた。戦争(山下清を連想したのだが、戦争への底なしの恐怖が核にあるようだ)、両性具有の子どもたち、幼児虐殺などなど、繊細に過ぎるセンサーが天国と地獄を創造する……そんな感じ。非常に良かった。

常設は近現代美術のおさらい。フォートリエの一室とシュルレリスムの部屋が良かった。ブローネルによるアンドレ・ブルトンの肖像も見られた。

f0307792_02145057.jpg



[PR]
by sumus2013 | 2015-10-07 00:13 | 雲遅空想美術館 | Comments(2)
Commented by 牛津 at 2015-10-07 21:17 x
シトロエンを見たら、アラン・ドロンやジャン・ギャバン
を思い出す世代です。
Commented by sumus2013 at 2015-10-08 02:02
渋いですねえ! 内装も素晴らしい車です。
<< マン・レイ掃苔 またまた魂と夢 >>