「ほっ」と。キャンペーン

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは深いですね! 
by sumus2013 at 11:39
有り難うございます。まっ..
by sumus2013 at 08:16
火編に禾で「あき」=秋の..
by KYO at 22:49
返信いたしましたが、届い..
by sumus2013 at 11:43
トビラノ君が還暦になるま..
by sumus2013 at 09:08
右へならえは嫌いだったの..
by sumus2013 at 20:06
花森を論ずるとき、小生が..
by 唐澤平吉 at 20:01
メールが不明で戻ってきま..
by sumus2013 at 17:15
ヴァネッサ・テイト『不思..
by sumus2013 at 17:12
返信さしあげたのですが、..
by sumus2013 at 17:24
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ボマルツォの怪物

f0307792_21400205.jpg

アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ『ベルヴェデール Le Belvédère』(Grasset, 1958)。古書すからべより購入。

以前のブログで扉野良人『ボマルツォのどんぐり』(晶文社、二〇〇八年)を紹介したときに澁澤龍彦のボマルツォへの言及にも触れた。その澁澤はマンディアルグの翻訳者でもあり、彼がボマルツォのことを知ったのはこのエッセイ集、あるいは前年に出た写真集(『Les Monstres de Bomarzo, avec trente-six photographies de Glasberg』Grasset)を通してだろうと思うので、マンディアルグの文章を一読してみたかった。

f0307792_21403828.jpg

マンディアルグがボマルツォを訪ねたのは一九五四年。これはジョヴァンニ・ベッティーニ(Giovanni Bettini)が、このルネサンス期に造られ、その後忘れ去られてしまって、荒れるに任されていた公園を含む土地を購入し、修復を始めた年でもある。今日では観光コースにも入っているが、当時はまだ知る人ぞ知る特別なスポットだったようだ。

ボマルツォの怪物公園(Parco dei Mostri - Bomarzo)

マンディアルグはほとんど情報のないボマルツォについてマリオ・プラーツを援用したり、あれこれとヨーロッパの奇妙なモニュメントなどと比較したり、現代美術との共通性を説いたりしながら歴史の闇からこの怪獣庭園を浮かび上がらそうと努めている。それはそれで興味深いところもあるのだが、個人的には実際にボマルツォへ旅した道筋を描いたくだりにイタリア紀行としての面白味を感じた。

ボマルツォへ行く前にその途次にあるタルキニアの地下墳墓を巡ることをマンディアルグは勧めている。エトルリア時代の遺跡群である。

Cerveteri y Tarquinia. Mundial de la UNESCO Patrimonio de la Humanidad

《墳墓から外に出たなら、エトルクス博物館(かつてのヴィテレスキ宮殿)の横手にあるレストランで昼食を摂ることをぜひともお勧めする。われわれはそこで、この年(一九五四)にも、ブイヤベースなど足元にも及ばない素晴らしい魚のスープを食した。それをわれわれに給仕したのは、覇気のない、小太りの、白面で、髭もなく、カストラートのようなよく響く声をした小男だった。彼はまさに人々が常にそうあって欲しいと望むような「タルキニアの悪魔」と「ボマルツォの怪物」をつなぐ橋渡しなのである。》

拙訳で申し訳なく。もうひとつ面白いと思ったのはパニックについて以下のように書いている部分。これは原文にて。

《Voudrait-on donner une représentation concrète à certain égarement des sens et de l'esprit auquel se rapporte bien le mot panique, alors on ne saurait trouver mieux que ce groupe colossal taillé en pleine roche…》

怪物公園で奇怪な彫像に出会ったときのクラッとするような印象を「パニック」という言葉と関係があるとしているわけだが、それについても以前少しだけ触れたことがある。パン(半獣神)に出会ってビックリ、それがパニックの語源らしい。パンとはすなわちエトルリア人の後裔だったのかも知れない。

半獣神と牧神

[PR]
by sumus2013 | 2015-09-25 21:43 | 古書日録 | Comments(0)
<< 高祖保集 冠句鴨川千鳥 >>