林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


浮田要三の仕事

f0307792_19480072.jpg

『浮田要三の仕事』(りいぶる・とふん、二〇一五年七月二一日、書容設計=扉野良人)。ようやく手にする。図版に移る前に置かれた浮田自身による「浮田要三小論」(自伝のようなもの)がすこぶる面白い。

《小学校1年生の時、ボクの持っているランドセルは、兄2人が使っていた古いもので、見た目には皮にひびが入っていて、友達の背負っている新しいランドセルにくらべると、みすぼらしいもののように思われましたが、ボクはそのランドセルが無上に好きで、古くてきたないランドセルなのに誇りを持って背負っておりました。そしておもしろいことに、7歳のボクが、このランドセルは古くて見た目はキタなくて皮にヒビが入っているから、そんなことが好きなのだと自覚していたことが明確に頭に残っております。》

《朝礼の時、ボクのぐるりにいる友達がランドセルの悪口を言っているのは分っておりましたが、ボクは逆に、こんな素晴らしいものが分らないのかと、心の中で嘲笑しているようでした。妙にそんな風に物事を感じて振る舞うのが好きであったようです。》

小学一年生からこの自覚があるのは凄い。たぶん生涯、この姿勢は変らなかったであろう。それは作品を見ればよく分る。

f0307792_19475803.jpg


f0307792_19475571.jpg

《ボクは1948年ごろから、子どもの詩と絵の雑誌の出版に携わって来まして、10年間ばかり単独でその編集をいたしました。『きりん』と命名された雑誌でありました。編集ですから集まってくる絵画作品から選んで表紙絵だとか本誌の中のうめ草カットなどを決めなければなりません。その時、それらの作品がどこかに作者のオリジナリティがありはしないかと探して、それの濃厚なものから使っておりました。そんなわけで薄っぺらい子どもの雑誌でありましたが、何となく重く感じられて、グレードの高いものになっておりました。
 1950年ごろ、前衛芸術の強い画家・吉原治良先生が『きりん』をごらんになって、その内容を絶賛してくださり、こんないい作品ばかりを選ぶ力があるなら、浮田君も前衛画家のグループ「具体」にはいって、いっしょに制作してはどうかとお誘いいただきました。》

《ところが実際に制作を始めますと、作品の良し悪しが全く分らず、当初出品しました「具体とアンフォルメル・世界展」では、自分の作品の価値判断が分らないまま出展したことを覚えております。実に怖い経験でありました。
 ところが、今から思い起こして考えてみますと、全く分らないために、旨くやってやろうという考えを差し入れる余裕がなかったために、単に自分が感じたことだけに頼って制作したのですが、吉原先生はそれを天衣無縫の作品と評して、それが正に現代美術作品の粋だといってほめてくださいました。》

吉原先生は褒め上手だなという感じがするが、図版を見るとやはり当時の浮田はかなり力んでいたようである。それが制作休止、デュッセルドルフでのグループ展などいくつかの出来事を通過して晩年になればなるほど自由な造形に脱皮していくのが図版を追っていてワクワクするほどだ。

f0307792_19475319.jpg


f0307792_19475209.jpg

f0307792_19475063.jpg

f0307792_19474560.jpg

本書に「浮田先生の呼び出し」という一文を寄せている井上明彦氏がこう書いている。亡くなる直前に浮田に「絵描きになったらあかん」と諭されたという。

《「いい作品をつくること」をめざす以前に、まずは「人間として一生懸命生きること」が大事である、と先生は諭されたのだ。》

人間として一生懸命生きた軌跡がこの作品集にもはっきり見て取れる。

[PR]
by sumus2013 | 2015-08-26 20:15 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 白鳥 漱石詩集印譜附 >>