林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうなんですよ! ビック..
by sumus2013 at 17:39
うわー、これがあのカッパ..
by 岩田和彦 at 11:29
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


徒然草

f0307792_19442607.jpg

「徒然草」と題された草稿。某書店の均一台にて。本文八丁(十六頁)に表紙が付けてある。戯文と狂詩から成っている。

f0307792_19442387.jpg

読めないところはお教え願うとして(御教示いただきました)いちおう冒頭の一頁少々を読んでおく。いきなり書物蒐集について。

一 昔大家の主君志よ志[濁点]やくを吟味して類を集免悉く後の為にはされたれ共後に見る人のなけれハ皆虫の巣と成ぬ越を思ひ見るに半二先生の書籍に心を定し後学の為にのこすと云へ共人心同しからされハ終[ルビ=ツイ]にハ諸虫のすみかとならん嗚呼かなしいかな人の心の不同哉
返答 
一 薄学不才の我等かく申せハちんぷんかんらしく思ハれけれと一寸口をへしあけて申さハ後に見る人のあろとなかろと虫にくわそと火に入と其身ハ正しきを得て死せハ可なり恐らくハ是人たるもの後世子孫のためを思ひ書籍を集め富家の一助ともせんと思ふハ人たるの道なるへし爰を以て思ひ見れハ被温公とか云へる人の勧学の歌にも子を養て教へざるハ父のあやまちなり訓導のいつくしからざるハ師の惰れるなり父教師いつくしんじて学問なる事なきハ子の罪なりとやらんいへりさあれハ人の父たる者書物を集めて子孫の為に一助[改ページ]とも致たき事かと思ひはべる

f0307792_19442134.jpg

戯文から狂詩へ移るところに天保十一子歳三月ヨリ》とある。一八四〇年。ペンネームは阿北斎、兌楽斎、木六斎、典穀斎と四人確認できる。以前紹介した銅脈先生の後継者たちであったかもしれない。

銅脈先生『太平樂府』

遊女などのモチーフが多いが、なかに改革篇と題する長詩もあった。

f0307792_21191425.jpg

冒頭に仁政だとか二百年来奏太平だとか言い出すので頌歌かと思いきや、徐々に政道批判に展開していく。《今度御改革》というのは水野忠邦を中心に天保十二年から始まった「天保の改革」を指すのであろう。徳川幕府は崖っぷちまで来ていた。改革によって不景気風が吹いたことがこの狂詩には軽妙如実に示されている……とすれば、こんな草稿がお上の目にとまったらただごとでは済まなかったかもしれない。それでも敢えて鬱憤ばらしをしていた。町衆(?)の諧謔精神も軽視できない。

[PR]
by sumus2013 | 2015-08-16 21:45 | 古書日録 | Comments(0)
<< 心月輪 THE SIDEWINDER >>