林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


夜想

f0307792_20025125.jpg

式場隆三郎『夜想』(大元社、一九四六年七月一〇日、装幀=鈴木繁男)。下鴨で装幀に惹かれて購入。鈴木繁男という名前に覚えがなかったので興味を持った。調べてみると柳宗悦に内弟子として入門した漆芸家で『工藝』の漆による意匠を手がけたりしている。式場と親しくても不思議ではない。

f0307792_20024972.jpg


もうひとつ「咢堂と語る」につぎのようなくだりがあったのをフト認めて買う気になった。昭和二十一年二月、式場は米海軍大尉O・Cや写真家の坂本万七らと熱海の尾崎咢堂を訪ねた。そのときの尾崎の会話が記録されている。O・Cは旧蔵者の書き込みによるとオーテス・ケーリである。祖父が同志社の神学教授で、父親も北海道や神戸で教鞭を執った親日家。ドナルド・キーンと同級生だという。このとき尾崎は自らの議員生活をふりかえっていきなりこう切り出す。

《五十幾年の議員生活といつても、これは失敗の歴史でして、始終虐められて敗北ばかりしてゐました。それでも藩閥を倒しました。むろん先輩その他の助けによることですが……。薩摩と長州といふものを完全に征伐しました。私はその陣頭に立つて一生懸命に働きました。これが一番の私の手柄です。海軍は薩摩人、陸軍は長州人でなければ上の方になれないといふのが、あの明治初年からの日本の情勢でした。ですから明治の末までは、元帥などいふとみな薩摩と長州の人ばかりで他の国のものは決してなれなかつた。》

《それを打破つて、日本人であれば誰でも元帥になれる。つまり元帥を薩摩、長州の手から離してひろく日本のものにした。これを私どもは大層得意にしてゐました。しかし、かうして陸軍と海軍は薩摩と長州の手を離れて日本のものになつたとはいへ、日本の人民のものにはならなかつた。日本全体が薩摩長州の残した形に入つてゐて、それが今日の戦争にまきこまれたのだと思ひます。》

不思議なこともあるもので、この日の夜にどこかのえらい人が長州閥の継続を自慢げに語ったというニュースを見た。尾崎はこの後、日露戦争での勝利が日本人をのぼせさせて狂人にした、それが第二次大戦へ入った原因だと分析しているが、雑駁すぎて論の体はなしていないにしても、これは小生がこれまで何度か書いて来たことと同じである。

それにしても長州閥の永続とは……またまた戦争への道を歩むということを意味しているのか。

[PR]
by sumus2013 | 2015-08-13 21:04 | 古書日録 | Comments(0)
<< ミステリアス文庫新刊 夏の手帖 中松商店 >>