林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鴨居玲と神戸

f0307792_17432844.jpg


8月22日〜9月2日

ギャラリー島田



江之子島から阪神野田へ出て神戸まで足を伸ばしギャラリー島田の「鴨居玲と神戸」を見る。東京、そして金沢(石川県立美術館)でも回顧展が開かれるのだが、ギャラリー島田では神戸において関わりのあった作家たちの作品も出展されており、鴨居の人柄もしのばせる島田ならではの展示だった。鴨居の使ったコートやブーツ、最初の(?)遺書と思われる走り書き(スケッチブックかデッサン用紙を引きちぎって殴り書きしている)、絵具盛り上げパレットなどの遺品も並んでいた。遺書らしきものは島田を通じて旧蔵者から石川県美へ寄贈されたものという。内容もよく読み取れないが、鴨居のひとりよがりの苦悩が形になったようで痛々しい感じ。

f0307792_20342359.jpg

鴨居展のカタログを取り出しながら島田さんのぼやくこと。

「この絵もこれもみんなうちから出たやつなんや。鴨居はたくさん扱ってきたけど、今思たら、持っておいたら良かったなあ……この自画像なんか鴨居自身が一番気に入っていたんや。これがうちにあった。これは置いておきたかったなあ」

鴨居玲には熱烈なコレクターが多い。古書においても画集や素描集はかなり高額だ。島田さんはコレクターではなく画商だから、いつでもすぐに正当な価格で換金できる鴨居玲がそうそう手許に残るはずはない、重々承知であろう。しかしそれでも歎かずにはおられない。そんな名品だった。

手放した珠玉はもう戻らない。持っている者の勝ち(勝ち負けがあるのかどうかは別として)と言うのはまさにこのことである。

[PR]
by sumus2013 | 2015-08-23 20:51 | もよおしいろいろ | Comments(2)
Commented by kaguragawa at 2015-07-30 20:11
鴨居悠(玲さんや洋子さんの父君)のことを調べようと思っていたのに、先延ばしにして、すっかり忘れてしまっていました・・・。この企画展は、金沢でも開かれるようですから、資料を掘り出してくださる方がいることを期待しましょう。
Commented by sumus2013 at 2015-07-31 17:03
たしか北国新聞社に勤めておられましたね。
<< 漱石詩注2 浮田要三の仕事展 >>