林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます! B..
by sumus2013 at 08:01
はじめまして。いつも楽し..
by ao at 19:14
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古書の御註文は

f0307792_19224520.jpg

先日、高尾書店の目録を紹介したところ(http://sumus2013.exblog.jp/24247942/)上のような高尾書店とカズオ書店が並ぶ広告のコピーを頂戴した。東大時代の高見順らが始めた雑誌『文藝交錯』創刊号(一九二七年九月)に掲載されているという。

《大阪駅前ビルの高尾も、難波球場跡にあったカズオも、私の記憶では、閉店してその後この屋号ではやっていないように思うのですが、間違いないでしょうか》という質問が同封されてあった。たぶんそれで間違いないと思うが、もし御存知の方がおられればコメントいただきたい。

カズオ書店については谷沢永一『本はこうして選ぶ買う』(東洋経済新報社、二〇〇四年)に次のように書かれている。

《米国[アメリカ]占領軍に接収されたそごう百貨店の出店メンバーに、売場の代償として大阪市が、市営地下鉄御堂筋線難波駅の、改札のある通路用の広い階床[フロア]を臨時の店舗として提供した。百貨店には生涯さっぱり縁のない私であるが、その一角にカズオ書店が出ているため、訪うことが度重なった。カズオ書店の主は伊藤一男。戦前は道頓堀に店を持っていたが、大阪流の借地借家であるから戦災で権利喪失、現在は自宅の堺市上野芝にちなんで、『上野芝だより』と題するA六判折畳み方式の目録を出しつつ、午前一〇時頃には難波店へ顔を出す、という方式の営業を続けている。》

《そして随分親しくなった頃である。伊藤さんの背後の棚に『文章世界』が入荷していた。私がそれを見つめていると、伊藤さんが呼びかけた。谷沢はん、これ、買うときなはれ。明治文学研究に、いちばん役立ちまんねん、あとで、きっと、喜んでくれはりまっせ。私は一議に及ばず購入した。本誌だけの揃いなので、大切な増刊の欠けているのが物足りないが、いずれは手に入るだろう。それより、伊藤さんが私をとことん信用し、私の生長を促す気分であることが殊のほか嬉しかった。》

上の広告では老松町二丁目となっているから、文中の道頓堀の店へ移る以前の住所だろう。そしてさらに難波駅から難波球場跡へ移ったということになる。蛇足ながら難波球場(大阪スタヂアム、大阪球場)は一九五〇年難波駅南口前に完成。南海ホークス、近鉄パールス、大洋松竹ロビンスが本拠地として使用した。一九八六年頃から球場としては使われなくなり二〇〇三年になんばパークスとして生まれ変わった。施設内に古本屋街があったそうだが、敗戦後に作られたという駅通路の古書店が引き移ったのであろうか。

***

f0307792_19224391.jpg

メリーゴーランドで頂戴した冊子。岡本綺堂『鰻に呪われた男』(岡田将樹、二〇一五年五月一七日)と同『穴』(岡田将樹、二〇一五年六月二一日)。前者は昭和六年『オール讀物』初出、後者は大正十四年『写真報知』初出。岡本綺堂はほとんど読んでいないが、その随筆の上手さには舌を巻いた記憶がある。また、『鰻に呪われた男』は何かのアンソロジーで読んだなということが、この冊子を読んでいるうちに思い出された。やや設定が猟奇的というかグロテスクを狙った強引なところもありつつ、なかなかに印象的に描かれている。初読の「穴」の方が面白く感じた。とくに真夜中に何度も穴に落ちるところ、カフカ的な恐怖と言っていいだろう。自分好みの短篇をこのような冊子に編集し、装画も自ら(?)描く、これ以上の道楽はない。

[PR]
by sumus2013 | 2015-07-25 20:22 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by yf at 2015-07-26 19:24 x
 懐かしいですね。よく大阪球場内の古書店で、本を売り、その代金で、右翼のスタンドでホークスの応援をしました。
「ガラガラ」の時代で、小生はライト席では、もう「おじいちゃん」と呼ばれていました。まさか湯川さんも、ファンだったときの驚きは、忘れられません。同乗の車の中で「野村監督」の「野球」で、よくもめました。
懐かしい思い出です。小生はファンカードまで持っていましたが、ホークスに「巨人出身」の王氏がなり、ファンを止めましたが、彼は以後も応援、あれほどの「巨人嫌い」がと、当時「不審者や」と思って居たものです。遠い、遠い昔の話です。
Commented by sumus2013 at 2015-07-26 20:27
大阪はやっぱり根強い南海ファンが多いようですね。嫌いは好きの裏返し……と言ったら怒られましょうか(笑)
<< クロスワード倶楽部 鶴見俊輔さんのこと >>