林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


書紀

f0307792_19403894.jpg


平出隆編集の詩誌『書紀』(書紀書林)を三冊入手した。第七号(対話片24|稲川方人+平出隆)と第八号(水の城|金井美子)が一九八〇年一一月一〇日発行、第九号(「ガランドウ」からの手紙|渋沢孝輔)が一九八〇年一一月二〇日発行。六号の発行は一九七八年一一月と本文中にあるから二年間のブランクがあって後、三冊まとめて発行されたということになるようだ。

キトラ文庫目録『莢』第九号に載っていたので注文したもの。『莢』第六号には小生も寄稿させてもらったが、この号には扉野良人氏が『浮田要三の仕事』について書いている

浮田要三の仕事


『書紀』は造本が菊地信義。白い上質紙の封筒入。封を開くとゴム印(?)による号数表示が見える。

f0307792_19403767.jpg


f0307792_19403558.jpg


f0307792_19404255.jpg

本文用紙は紫がかったうす茶色のボール紙。A4サイズを二つ折り。七号は七枚(二八頁)、八号と九号は八枚(三二頁)。綴じずに折り目を紐でくくる。

f0307792_19403490.jpg

f0307792_19403309.jpg


f0307792_19403159.jpg


紐の端、しばったところを鑞で留めている。本文印刷はタイプ印刷のように見える。表面の粗い紙なので印字がかすれたり、滲んだり、あるいは文字が消えたりしているが、それが景色になっているのがさすが。レイアウトもほぼ完璧。
菊地信義の前衛精神が発揮された秀作と言えよう。

f0307792_19403083.jpg


f0307792_19402933.jpg



[PR]
by sumus2013 | 2015-07-23 20:14 | 古書日録 | Comments(0)
<< 鶴見俊輔さんのこと やっぱり、本 終了 >>