林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
「叱咤」の音源が残ってい..
by sumus2013 at 20:31
花森安治の生涯にわたる「..
by 唐澤平吉 at 16:03
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


サド復活

f0307792_20020581.jpg


澁澤龍彦『サド復活』(弘文堂、一九五九年九月一五日、装幀・飾画=加納光於)。現代芸術論叢書の一冊。弘文堂時代の小野二郎の仕事である。小野は昭和三十五年三月末に弘文堂を離れ、晶文社での活躍を始める。本書の巻末には同叢書の既刊として飯島耕一『悪魔祓いの芸術論』、江原順『見者の美学』、小川和夫『ニュー・クリティシズム』、篠田一士『邯鄲にて』、本書、江原順『私のダダ』が上がっている。

本書は澁澤の論集であるが、同時に加納光於の作品集のようにもなっているのが特徴的だ。巻頭の口絵や挿絵はほとんどが加納作品である。数えてみるとカバーの図も含めて二十一点にもなる。

《装幀および挿絵の仕事をお願いした加納光於氏とは、銀座の画廊で名乗り合ってから相識った。にこにこ笑いながら「ビュッフェは通俗的で、きらいです」などと、はっきり言うひとである。銅版画の領域で他の追随を許さぬ繊細なメチエを示す氏は、同時にサドのよき理解者でもあった。この上ない協力者を得たことを嬉しく思う。》(あとがき)

加納が瀧口修造の推薦によりタケミヤ画廊で初個展を開いたのが一九五六年(二十三歳)だそうだから、澁澤による発見もデビューからそう遠からぬものである。むろん澁澤も三十歳そこそこ『サド復活』は訳書『悪徳の栄え』(現代思潮社、一九五九年)を補完する意味だったのだろう。ところが後者が一九六一年に猥褻文書として起訴され、結果としてその名を広く知られることになった。

f0307792_20020745.jpg

たしか、澁澤はオリジナリティというものを信じないと発言をしていたように思う。その言葉通り、本書はまさに引用の織物(いやコラージュと言った方がいいかもしれない)なのだ。例えば次のような短い一節にも二重に引用がちりばめられている。

《「真の文明は決してガスの中にも蒸気の中にも在るものではない。真の文明は実に原罪の痕跡の滅却にある」というボオドレエルの寸言は、「合理的なものはすべて現実的である」というヘーゲルの有名な命題の、その観念論的傲慢への不信であり、嘲笑であって、おそらく作家の表面の意識を裏切って、自由と必然の一致する王国を歴史の究極の未来に夢みたことの結果であろう。だからこそ「進歩を当てにするのは怠け者の学説である」という言葉が、ボオドレエル個人の異様な真実をもって迫るのである。
 フロイトの発見したものに革命的な意義を認めたアンドレ・ブルトンは、一九三五年にこう書いた、「夢みなければならない、とレーニンは言った。行動しなければならない、とゲーテは言った。この対立の弁証法的解決をこころざす以外、シュルレアリスムはいかなることにもその努力を向けないだろう。来るべき詩人は、行動と夢との回復しがたい離反があらわす衰弱した観念を克服するであろう……」》(文明否定から新しき神話へ)

澁澤晩年のやや紋切り型のフレーズを多用して書かれた回顧的エッセイを愛読するものとしては少々ヘキエキしないでもない、ただし、コラージュもオリジナリティを持つわけだから、矛盾するようだが、引用の巧みさそのものも独自の表現に成り得るに違いない。それにしても、この過剰さは、こういう時代であり、またそういう年齢であったのだろうと思ったりする。


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-20 20:56 | 古書日録 | Comments(0)
<< リブロ池袋店閉店 箱の中のユートピア >>