林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ひと月限りの〈ぽえむ・ぱろうる〉最後の一週間

f0307792_10505590.jpg


f0307792_17130319.jpg
f0307792_17125401.jpg

石神井書林さん、「ひと月限りの〈ぽえむ・ぱろうる〉」最後の一週間、こんな展示をはじめたという。

《硝子ケースの第一書房の本、その他。若干の註

第一書房は1920年代の出版界に登場し、30年代を駆けた伝説的な出版社です。堀口大学の『月下の一群』をはじめ、三好達治や丸山薫らの第一詩集もここから出ました。でも、並べたものは代表的な作品ではありません。特に珍しいわけでもありません。それでも、第一書房の本は、それが普通の本であっても美しい。書物は紙の器だと、気恥ずかしいことも真顔で言ってみたくて、これを作りました。》

二十日閉店まであと三日、第一書房の普通の本、その普通でないところを眺めてみたい……


リブロ池袋本店レポート

ひと月すこしのぽえむぱろうる

[PR]
by sumus2013 | 2015-07-17 10:51 | もよおしいろいろ | Comments(4)
Commented by 某氏です。 at 2015-07-17 09:18 x
おととい、「ぽえむぱろうる」に寄ったところ、石神井書林さんのガラス棚の上に「鶉屋書店目録」が十冊ほど積んであり、販売されていました(2013年7月26日にデイリー・スムースで取り上げられたものです)。発行時に入手していましたが、手放していたこともあり、なつかしく一冊買い求めてきました。500円(たしか税別)でした。もう売り切れているのではないかと思います。コピーではないと思います(笑)。
Commented by sumus2013 at 2015-07-17 10:52
ほんとですか! いい目録ですよねえ。湯川さんらしい。
Commented by uroburo at 2015-07-17 20:46 x
鶉屋書店の目録、昨晩はまだ数冊ありました。
Commented by sumus2013 at 2015-07-17 22:52
情報ありがとうございます。急げ!
<< やっぱり、本 展示5 やっぱり、本 展示4 >>