林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


雨中乃落日

f0307792_20183689.jpg

アップロードしようと思いつつ、つい時期を逸してしまったが、雨が降り続けているので、まあいいかと思ってこの軸を掲げてみる。

 杜若雨中乃
 落日庭に出る
     月斗[印=月斗]

     木它生[印=?]


青木月斗の俳句に井上木它(いのうえ・もくだ、一八八五〜一九四一)の画。

f0307792_20183205.jpg


f0307792_20183450.jpg

絵は少し寂しいなと思ったのだが、この読めない印章に惹かれた。これは梵字の弥陀を示す「キリク」ではないかという御教示を読者の方より頂戴した。なるほど木它の「它」に通じるのかもしれない。

十三仏種字

ごくささやかな売価で買うのが申し訳ないほどだった。木它は赤玉ポートワインのヌード広告をデザインしたチーフとして知られる。本名は悌蔵。浅井忠の門下で日本画もよくした。サントリー「角瓶」も木它のデザインだそうだ。ご子息のサイトにその油彩画などの作品が掲載されている。浅井というより草土社風のように思う。

Roots of IBLARD

f0307792_20420233.jpg
f0307792_20420067.jpg

月斗と木它は親しかったらしく、月斗の主宰する俳句雑誌『同人』(同人社=大阪市天王寺区北山町一三、編輯兼発行印刷人=青木新護)などの表紙画をずっと担当していたようだ。たまたま入手した『同人』二冊。昭和十二年一月号(右)と四月号。表紙.裏表紙とも木它の絵で飾られている。


[PR]
by sumus2013 | 2015-07-07 20:51 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< ミニアチュール神戸展 はじめての文学全集 >>