林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蠶桑

f0307792_19264732.jpg


徐光啓『農政全書』より巻之三十二「蠶桑」。なぜかパリから届いたもの。徐光啓(1562-1633)は明代末の暦数学者でキリスト教徒だった異色の人物。


本書巻頭には「上海太原氏重刊」としてあり、この重刊の最初は道光二十三年(一八四三)のようだが、本書がそれと同じ版だとは考えない。もっと近年の重刷であろう。本文はともかく、桑の栽培から養蚕の手順を説明している挿絵がなかなか楽しいものだ。あまり数を掲げても煩わしいと思いつつ、七夕も近いことだし(旧暦だとまだだいぶ先ではあるが)最終工程である織女のあたりをピックアップしてみる。

f0307792_19374714.jpg
緯車(糸繰り車)。緯車方言曰趙魏之間謂之歴鹿車 東齊海岱之間謂之道執……


f0307792_19374635.jpg
織機。これは次の頁(一丁を広げると連続した一枚の絵になっている)につづく巨大な織である。次頁ではもうひとり別の女性が織機の上部に坐って仕事をしている。杼(ひ)を左手に持つ姿は変らない。

織り上げた布を柔らかくするのが「きぬた」。その図も出ている。

f0307792_19374486.jpg
砧杵(ちんしょ)。説明にいわく《古之女子対立各執一杵上下搗練于砧其丁冬之声互相応答 今易作臥杵対坐搗之又便且速易成帛也》。古くは杵を上下にして搗いていたが、今では向かい合って杵を寝かせて打つ。上図は後者。古いスタイルは下図。有名な「搗練図巻」より。

f0307792_20221997.jpg
白居易の「聞夜砧」は夫のために夜なべをして砧を打つ妻をうたっている。

 誰家思婦秋擣帛
 月苦風凄砧杵悲
 八月九月正長夜
 千聲萬聲無了時
 應到天明頭盡白
 一聲添得一莖絲

[PR]
by sumus2013 | 2015-06-29 20:23 | 古書日録 | Comments(0)
<< 夕涼の図 書生の処世 >>