林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


山本悍右展案内状

f0307792_17112106.jpg


f0307792_17112208.jpg

山本悍右展(一九八八年四月一一日〜二三日、IMAGINATION MARKET Q&P、東京都中央区銀座2丁目15号銀座ビル2階)の案内状を某氏より頂戴した。山本は前年一九八七年四月二日に肺癌のため死去。

ジョン・ソルトが「ヒョーショーされなかったシュールレアリスト」という追悼文を寄せている。

《「ヒョーショージョー」パン・ナム日本支社長が叫ぶ千秋楽の変なアクセントの日本語を耳にしても、奇異に感じる日本人はそんなにいない。むしろ、外国人が妙なアクセントでしか日本語を話せないことを知って、多くの日本人は安心し、あるいは満足しているようにさえ思える。(本当の彼の日本語はまったく見事で、わざと日本人に受けるように、下手な日本語を話しているってことを知っていましたか?》

知りませんでした。

山本悍右。73才で、一昨年[ママ]その生涯を閉じた写真家兼詩人兼アーティスト。僕の眼には類まれな日本のシュールレアリストである彼を、日本に精通している日本人たちはどれほど理解しているのだろう。(日本人はフランスのシュールレアリストについては、アメリカ人以上に知っているように思えるのだけれども)
 彼の展覧会に際して、ガイジンの僕があれこれの作品について、多くを語る必用はないだろう。ただ、戦時の特高による弾圧と、それにも増した作品の無視という弾圧の二重のつらさに挟撃されてなお、ただひたすら信ずるところに忠実であろうとした、静かな情熱に乾杯したい。1984.4.11(訳/鈴木雅文)

二〇〇一年に東京ステーションギャラリーで回顧展が開かれている。今その図録もめくりながら書いているのだが、大阪や神戸の新興写真とも相通じるところもありつつ、何と表現すればいいのかすぐには言葉を思いつかないけれど、やはり一種独特な感受性を示す作品群である。




[PR]
by sumus2013 | 2015-06-26 17:11 | 古書日録 | Comments(4)
Commented by manrayist at 2015-06-27 07:42 x
案内状懐かしく拝見。悍右さんの写真は良いですね。
Commented by sumus2013 at 2015-06-27 10:23
いいですねえ。サドマゾヒズムが感じられます!
Commented by miti-tati at 2015-06-28 06:11 x
2001年の回顧展では受付にジョン・ソルト氏がおられ、来場者を丁寧に案内されていました。その頃
彼の北園論を呼んでいたので、彼に北園の日本刀愛好について質問しようとしましたが気後れでできませんでした。
目録にある彼の個人誌「夜の噴水」揃いが今度の明治古典会入札品目録にとんでもない金額で出ていますね。
Commented by sumus2013 at 2015-06-28 10:34
『夜の噴水』、なるほど! 状態は良さそうですね。
<< みずのわ出版TIBF出品 関口良雄の雑話 >>