林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


アスタルテ書房誄

f0307792_20421547.jpg

f0307792_20422284.jpg


f0307792_20423214.jpg
f0307792_20423466.jpg

今年の初め頃に撮らせてもらったアスタルテ書房。結局、最後にお会いしたのはすでに書いたように五月十六日になってしまった。五月八日に泉鏡花記念館で行われた澁澤龍子さんのトーク「澁澤達彦との日々」に金沢まで出掛けたと楽しそうに話しておられた。日本酒が安くてうまかったそうだ。その無理がたたったわけでもないのだろうが、医者からすぐに入院するように言われているとも。ちょっと待って欲しいと入院を延期してもらっている、肺炎が悪化すると命にかかわる……という言葉通り咳き込む回数が多かったのが気になったのだが、まさかこんなに早いとは想像もしていなかった。

f0307792_21054544.jpg

昔の切り抜きを探し出した。一九九一年一月二九日付朝日新聞夕刊「現代人物誌 アスタルテ書房佐々木一彌[ささきかずや]さん」(文・黛哲郎、写真・住友惇)

《大衆文化の洪水の中にあっておよそ「反時代的」に生きる。三十七歳の若さを考えれば、まことに珍しい存在》

《並ぶ書物もなかなかの凝りようで、シュールレアリスム関係を主に、みなひと癖あるものばかり。海の向こうのバタイユ、ブルトン、マンディアルグ、あるいは荷風、露伴、紅葉、鏡花、谷崎、三島……等々と、あるじの好みを映し出す。
 亡き文学者の澁澤龍彦が、これらの書物をじっと見て「ひとに売るのは惜しい」といったとか。この一言がアスタルテ書房を説き明かす。》

《「ここへくる前に河原町三条でやっていたんですが、その時は看板もあった。そこである程度の顧客をつかんで、こういうぼくのやり方に賛同してくれることが営業的にもわかったんです」
「お客さんの大体は東京で、地元では生田耕作さん(京大名誉教授)ぐらい。広告は出さないという方針を守っているのは、いちげんでこられても困るから。経験からいえるが、店で中年のおばさんなんかにワイワイ別の話をされたり。精神衛生上もわるい。それなら知ってる人だけでいいじゃないか、と」》

河原町三条の店は広かった。そこではたしか生田耕作肝入りの宇崎純一展なども開催されたはずだ(現在の店舗は当時の住居だった)。小生が伏見区に住んでいた頃で、思い返せばいろいろな出来事があった。「広告は出さない」というものの数え切れないほどの各種媒体の記事に取り上げられてきた。百円均一の文庫本や雑本も少しは並んでいたが、それは若い人が来ても何か買えるものがあった方がいいという配慮だと聞いた。反時代的にして心優しい古書店主だった。


[PR]
by sumus2013 | 2015-06-18 21:48 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 岩田 at 2015-06-19 10:15 x
もう大分前、貴兄に連れて行って戴いた事数回あったかと記憶します。荷風の事をはなしたら、天理の図書館は凄い蔵書があると仰っていたのを思い出しました。ご冥福をお祈り申し上げます。合掌
Commented by sumus2013 at 2015-06-19 11:45
そんなこともありましたねえ。また京都においでください!
<< スミカズ・ひでを展 アスタルテ書房主死去 >>