林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


梶井基次郎全集

f0307792_20014587.jpg


高桐書院版『梶井基次郎全集』についてムッシュKこと柏倉先生が書いてくださった。昨日ここで梶井を取り上げたのは全くの偶然である。

梶井基次郎全集Ⅱ ムッシュKの日々の便り

柏倉康夫『評伝梶井基次郎』

ということで久しぶりに架蔵の高桐書院版『梶井基次郎全集』第一巻(一九四八年二月一〇日)と第二巻(一九四七年一二月二〇日)を取り出した。薄い白っぽいカバーがあるべきなのだが(カバーは文字だけの意匠)、そしてカバー付きも持っていたはずなのだが、今はこれしか見つからなかった。題字は川端康成である。淀野は川端とは湯ヶ島で知り合って以来ずっと家族付き合いをしていた。

f0307792_20014445.jpg

f0307792_20014290.jpg
検印は「隆印」で編纂者淀野のもの。左、第一巻の巻末遊び紙にエクスリブリスが貼付されている。Y.ODE と読めるように思うが「O」ではないかも?

ざっとめくっていて「「檸檬」を挿話とする断片」がふと目に付いて読み進めていると当然ながら丸善のくだりにさしかかった。

《そしてその末丸善へ入つた。
 その日は常に私を楽しませてくれたオードコロンの赤い壜もその洒落た切子硝子のスタイルも私を喜ばさなかつた。私はいつも見る古くからあるアングルの分厚の本の写真版を見よう[ママ]としたが、それも手にした瞬間開くのが億劫になつてしつた[ママ]。そして私は心に變なたくらみを抱いた。》

と、ここで「檸檬」の方はどうなっていたかな? という考えが浮かび、巻頭に置かれた「檸檬」の丸善に入るあたりを探してみた。すると、次のようにあった。

《何處をどう歩いたのだらう、私が最後に立つたのは丸善の前だつた。平常あんなに避けてゐた丸善が其の時の私には易々と入れるやうに思へた。
「今日は一つ入つてみてやらう」そして私はづかづか入つて行つた。》

おや? 丸善についてまったく逆のことを書いている。《常に私を楽しませてくれた》と《平常あんなに避けてゐた》……どっちなんだろう。

そしてもうひとつの「檸檬」のヴァリアントである「瀬山の話」へとページをめくって行った。こんな風に書かれている。

《舞台は變つて丸善になる。
 その頃私は以前あんなにも繁く足踏した丸善からまる切り遠ざかつてゐた。本を買つてよむ氣もしないし、本を買ふ金がなかつたのは勿論、何だか本の背革や、金文字や、その前に立つてゐる落ちついた学生の顔が何だか私を脅かすやうな氣がしてゐたのだ。》

なるほど、以前は楽しかったが、最近は苦しくなって遠ざかっていた、そういうことか。そして「瀬山の話」ではこの後さらに丸善に入ることが享楽だった頃の様子を細かに描き足している。それは「「檸檬」を挿話とする断片」で簡略化され、さらに「檸檬」ではあっさりと数行で片付けられる。

この推敲は彫像が削られてだんだんジャコメッティの棒人間みたいになるようでもあるが、「檸檬」の形が必ずしもベストだとは思えない。ややテクニックに走った感じがある。『青空』掲載で紙数の都合もあったのかもしれない。

[PR]
by sumus2013 | 2015-06-16 21:05 | 古書日録 | Comments(6)
Commented by トビラノラビット at 2015-06-17 12:58 x
ジャコメッティの棒人間のようになる、という批評、同じようなことを加藤典洋さんがおっしゃっていました。加藤さんは近代になって見出された彫刻のトルソーに喩えておられた。丸善に並べられた舶来の品々にときめくのは玩物喪志である。だが玩物喪志というのは頭と手足を失くしたトルソーなんだ、と。そこに小林秀雄が見出した、故郷を喪った文学、現代文学を初めて我々は手にしたのだと喜んだ理由がある、というふうなことを書かれていました。加藤さんの「新旧論」という『批評へ』収録の小林、梶井、中原の三人を論じた長編批評です。
Commented by sumus2013 at 2015-06-17 19:19
なるほど、細々と描写するのは泉鏡花の世代でけっこうというわけですね。梶井は間違いなくジョイスの「意識の流れ」を意識していたと思います。白樺の子供達(小林も含む)が白樺を越えた…というのが梶井の「檸檬」の象徴的意味かもしれません。
Commented by 大島なえ at 2015-06-18 07:35 x
大変有意義なコメントの後に書くのがハズカシイ気がしますが
「檸檬」の丸善は、7月に前の場所近くにまた店が建つような
ことを聞きました。どうなんでしょうか
アスタルテ書房の佐々木さんが14日に亡くなられたそうです。大分、お悪かったんですね。
数えるほどしか行けませんでしたが、京都らしい書店でした。残念です。
Commented by sumus2013 at 2015-06-18 11:25
アスタルテさんのこと残念です。開店以来の付き合いだったので……。丸善復活は要するにジュンク堂の店舗があったBALビル(建て直し中)に丸善ジュンク堂としてということでしょうね。
Commented by monsieurk at 2015-06-18 16:40
アスタルテ書房のご主人が逝去され、閉店されるとのこと、誠に残念です。京都におりましたときは、幾度かお訪ねしました。ユニークな本揃えの古書店らしいお店でしたね。お悔やみもうしあげます。
四條のジュンク堂のビルも建て替えですか。少し行かないうちに、京都も変わりますね。柏倉
あらためてのご紹介、ありがとうございました。
Commented by sumus2013 at 2015-06-18 20:39
華もあり骨もある古書店でした。かなりショックです。知らないうちに二十五年になりますが、京都の様変わりを肌で感じる日々です。
<< 印度の奇術師 梶井基次郎小説全集 >>