「ほっ」と。キャンペーン

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
トビラノ君が還暦になるま..
by sumus2013 at 09:08
右へならえは嫌いだったの..
by sumus2013 at 20:06
花森を論ずるとき、小生が..
by 唐澤平吉 at 20:01
メールが不明で戻ってきま..
by sumus2013 at 17:15
ヴァネッサ・テイト『不思..
by sumus2013 at 17:12
返信さしあげたのですが、..
by sumus2013 at 17:24
深謝です!
by sumus2013 at 19:33
いつも御教示ありがとうご..
by sumus2013 at 21:31
熟練のライブでした。MC..
by sumus2013 at 08:25
16日には、こちらにもみ..
by みなみ at 07:01
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


書影の森;書評集

f0307792_19183787.jpg

*臼田氏より書評記事コピーを頂戴した。

『出版ニュース』二〇一五年八月上旬号。桂川潤「装丁|『書影の森』(みずのわ出版)について」。《五月下旬、刊行を記念して、臼田さん、筑摩の名編集者として知られた松田哲夫さん、装丁家の多田進さんの三人によるトークライブが開かれた。ここしばらく「紙の本」を巡る著作を精力的に上梓されている臼田さんは「いま紙の本についてきっちり記録しておかないと、本づくりの心と技が忘れ去れてします」という強い危機感を抱かれているようだ。》《筑摩装丁では、表面的なデザイン技法ではなく、本をまるごと編んでいく力が求められた。多田さんが「筑摩には文字を読むだけではないすぐれた編集者がたくさんいた。それに尽きる」と語っていたのが印象的だった。》


『東京人』二〇一五年九月号「今月の東京本」コーナーにて。《社内装幀の歴史からはじまり、幾多のデザイナー、編集者らの紹介をとおして、筑摩装幀の豊かな系譜を展望する》。

そして臼田さんが『東京人』に執筆された「活版印刷よ、永遠なれ!」。《紙の束からなり、モノとしての魅力をたたえる書物の吸引力は装丁に大きく依存している。電子書籍にない魅力であり、装丁家に求められる責任はますます増している。》



f0307792_19452619.jpg
*長野県の地域新聞『市民タイムス』(六月一三日)に紹介していただきました。


f0307792_19382848.jpg
*『書影の森』の書評がいつくか届いた。まず臼田さんの郷里、そして筑摩書房創業者の地元でもある信濃毎日新聞(二〇一五年六月四日)。「「筑摩らしさ」装丁の魅力 佐久出身臼田捷治さん「書影の森ー筑摩書房の装幀」刊行」としてカラーで五段にわたって紹介されている。『マラルメ全集』の写真は迫力あり。


f0307792_15492664.jpg
*六月七日の東京新聞、読書欄。『安曇野』のカラー写真入り。


f0307792_19382634.jpg
*そして六月七日の読売新聞。上の写真左のファクス紙がそれだが、別に某氏がメール添付で送ってくださった。感謝です。評者は平松洋子さん。


f0307792_19382430.jpg
*既報五月二十一日の日経新聞「文化往来」も送ってくださった方があるので紹介しておく。五月三十一日の朝日新聞にも紹介されている。『サンデー毎日』では岡崎氏が取り上げてくれた。深謝。


f0307792_21264133.jpg
*六月五日付『週刊読書人』にも。


*白水社『パブリッシャーズ・レビュー』の「愛書狂」でも取り上げていただいています。


*『本の雑誌』七月号、日下潤一「装丁・がんこ堂」にて取り上げていただきました。最初の方にある《『佐野繁次郎装幀集成』 は私のバイブルだ》はうれしい言葉。『書影の森』についてはなかなか厳しい発言も出ているが、《なぜこの本をつくるのが筑摩書房ではないのだろうか》は誰しも思うところではないだろうか。



[PR]
by sumus2013 | 2015-08-08 19:31 | 装幀=林哲夫 | Comments(0)
<< LEONARDO 幼年画 >>