林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


西荻街角ミニミニ古本市

f0307792_19033343.jpg


□名称:【西荻街角ミニミニ古本市】
□日時:2015年6月6日(土)・7日(日) 11時〜19時
□参加店 ※敬称略
 聖智文庫 (神奈川・藤沢 http://www5.ocn.ne.jp/~syouchi/)
 古書善行堂 (京都 http://zenkohdo.shop-pro.jp/)
 林哲夫 (京都 http://sumus.exblog.jp/)
 古書あやかしや (広島・ネット古書店 http://homepage1.nifty.com/maiden/)
古本屋ツアー・イン・ジャパン

盛林堂のきまぐれ店番日記


リチャード・ミルトン、F.E. ベンソン、コリンス+ヂツケンス『幽霊船』今日泊亜蘭翻訳怪奇小説コレクション(書肆盛林堂、二〇一五年六月六日)も届いた。「今日泊亜蘭インタビュー」が抜群に面白い。例えばこういう発言。

《それから、エリザ・オルゼシュコってポーランドの女流作家の小説を、エスペラント語から訳した本を一冊出しました。その頃は紀伊國屋はまだ炭屋で丸善もそんな本は置かない、東京堂にエスペラント・コーナーがあってね。ポーランドの他にブルガリヤやハンガリーの本が大分エスペラント語になってたね。オルゼシュコの小説はSFじゃないけどいい話でね。》

今日泊の訳したオルゼシュコ(エリザ・オジェシュコヴァ)は『慈愛夫人』というタイトルらしいが、さすがに(?)検索しても出てこない。オルゼシュコは『女の運命』が大正三年にすでに翻訳紹介され、同じ作品が『寡婦マルタ』として昭和二年に刊行されてよく読まれた(清見陸郎訳、改造社、昭和四年に改造文庫に入る)。紀伊國屋書店が炭屋というのだから今日泊の翻訳もこの時期だろう。とすると十七か十八歳である。

後藤斉「『寡婦マルタ』とその受容」

《佐藤春夫のところへ行ったんですよ。春夫は、僕の親父の水島爾保布とは同人誌なんかやってた仲間で、子供の頃から知っててね。子供時分に、川路歌子さんに連れられて春夫の所へ行ったことがある。タバコ屋の二階か何かで、机に向かってキャラメルをしゃぶりながら小説を書いていたのを覚えてる。それが、子供の僕が側にいても、ひとりでキャラメルを喰ってて、呉れねえんだよ。歌子が「あんたねえ、坊やがいるのにキャラメルのひとつもあげないって法はありませんよ」とか言ってね。春夫が「ああ、そうか」って言って、キャラメルを二つ呉れたっけ(笑)。》

書肆盛林堂

[PR]
by sumus2013 | 2015-06-05 21:37 | もよおしいろいろ | Comments(0)
<< 悠遠忌 河岸の古本屋 >>