林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


杉本秀太郎さん死去

f0307792_19505724.jpg


《日本の古典や音楽に造詣(ぞうけい)が深く、名随筆家として知られたフランス文学者で、国際日本文化研究センター名誉教授の杉本秀太郎(すぎもと・ひでたろう)さんが27日午前7時35分、白血病で死去した。84歳だった。》(朝日新聞DIGITAL

先日、山田稔さんの本について書いたとき、頼山陽の山紫水明處に近い退官後の生島遼一宅を杉本秀太郎といっしょに毎年訪ねるという山田さんのエッセイを読んで、そう言えば杉本秀太郎(直接存じ上げないので敬称は略す)は健在だろうかとフッと思ったところだった。

一時、杉本の著書をかなり集めていたこともあったが、徐々に処分して今はもう『大田垣蓮月』と『新編洛中生息』(中公文庫、一九八七年)くらいしかすぐに見つからない。後者より「都市生活者」の一部を書き写して弔意を表する。上の写真は杉本の撮影。杉本家住宅は前のdaily-sumusで表構えだけ紹介したことがある。


《ボードレールの『悪の華』中の一篇『白鳥』と題する詩に、次のような一節がある。

 古いパリはもうなくなった(ひとつの都市の姿かたちは、人のこころよりも、ああ、猶速やかに移ろう)

 一八五九年にこういう詩句を書きつけたとき、ボードレールの目の前には、第二帝政下、ナポレオン三世とセーヌ県知事オスマンの合議によるパリ改造計画にしたがって、着々と取りこわされる「古いパリ」の街区と、着々と一新されてゆく「新しいパリ」の景観があった。『白鳥』には、いま引用した個所の直前に、カルーゼル広場というのが出てくる。オスマンの改造以前、ルーヴル宮とテュイルリー宮のあいだには、充分に老朽した人家の立て混んでいる一劃があった。カルーゼル広場は、その一劃のテュイルリー宮寄りに、ルイ十四世時代から設けられていたのだが、古い家々を取り払ってこの広場を拡張し、両宮のあいだの見通しを確保するというオスマンの計画が実行されると、あたりの様相は全く一変した。
 かつて、ここには「バラック」の屯ろしている一劃があった(バラックは廠舎だろうか、小商いの縁日小屋、それとも単にみすぼらしい家並だろうか。いずれとも、またこのすべてとも受け取れる)。あたりには、ナポレオン一世の没落で中断して以来、長く放置されていたルーヴル宮増改築の石材が、雑草のなか、青みどろに染まって水溜りに漬かっていたり、粗けずりのままの大理石の柱頭やら柱身が積み上げられていたりしていた。消え失せた街区には、ぶらぶら歩きの序でに覗けばおもしろい骨董屋が点在していて、古物の調度品や装身具、下手物類が、ガラス窓に輝いていた。そんなふうに数え上げたものを「いまはただ心のうちに見るのみ」と、ボードレールはいっている。

[中略]

 私はボードレールに事寄せて都市の変化を憎んでいるのではない。歎いているというのでもない。ボードレールとて、これを憎んだり歎いたりしているわけではなかったのだ。ではどういえばいいか。ひとりの異邦人、いやむしろ流謫の人間のように自分を思いなして耐えている、とでもいえばいいのだろうか。勿論、この流謫の見立ては、一種の諧謔である。なぜなら、私はいま現に京都の町のまっ只中で、生家に暮らしているばかりか、都市というものの恩恵、つまりは便利と好適の条件をほぼ充たしているような生活形態が、ここに保証されているのだから。それなら、流謫はただの物の喩えかといえば、またそれはちがっている。町の形態の現状が、日とともにますます混乱した、見なれぬものになってゆくのは、現に目でたしかめていることなのだから、喩えよりも見立てとして流謫をいうほうが気持に沿っている。町の形態が魅惑を伴った意想外な変化によって目をたのしませるようなら、話は全く別になる。だが、そういうことは、絶えて久しく経験しないことである。

[中略]

 いかにも日本の民屋であるから、軒も屋根も低く、小高いところから眺めれば地にへばりついているような家並みが、盆地にべったり広がっているように見えただろう。けれども、大路小路を歩きつつ、この街並みを左右に見てゆけば、せいぜい高くて二階建ちの家々が、大小の軒庇、むしこ、格子窓、門口、高塀に、目立たぬ工夫を秘めていて、水平方向にも、垂直方向にも、みごとに空間を領有し、そこが人の住むべくして住んでいる空間であることをきっぱりと証明していたに違いないのだ。
 そういう家並みはもうなくなった。ぽつんと取り残されている一軒あるいは数軒の古い家並みというものは、都市の家並みではなく、「島」の家並みである。ここで流謫者という見立てをもう一度繰り返すのは、くど過ぎる。それではおそらく諧謔を手放してしまうことになる。》


杉本訳『悪の華』



[PR]
by sumus2013 | 2015-05-28 20:46 | 古書日録 | Comments(1)
Commented by 岩田和彦 at 2015-05-29 09:22 x
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。合掌。
<< 中尾務の島尾敏雄 富士正晴 嘉瑞工房の活版印刷 >>