林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


作文伊呂波字引大全

f0307792_20052135.jpg

梅の家薫編輯『万民宝典作文伊呂波字引大全』(瀬山佐吉、一八九三年八月一〇日発行)。タテ13センチ。マッチ箱はサイズの比較のため。自己流に綴じ直しされている。なお書名は『万民宝典作文以呂波字引大全』(封面)、万民宝典漢語作文字引大全』(内題、奥付)とも。

f0307792_20052046.jpg


f0307792_20051869.jpg

f0307792_20051753.jpg

銅板刷りの漢語字典。一頁に二〜四点くらい小さな挿絵が入っている。《い 以 モツテ》から始まり《すねんのきんらう 数年之勤労 ネンネンノシンク》で了る。ざっと七千語弱の収録だろう。瀬山佐吉(順成堂)には明治中期にかなり多様な出版物がある。封面には《梅の家薫編輯》としてあるが、奥付では《編輯兼印刷者 綾部乙松》。梅の家薫で検索すると瀬山佐吉の出版物で何点か編著者として登録されている。ただ、瀬山佐吉が梅の家薫の場合もあり、また桜井貢が梅の家薫の場合もある。桜井貢も瀬山順成堂からいろいろと著書を出しているので仲間内の共同ペンネームだったのかもしれない。


f0307792_20390737.jpg

刷りは銅板ながら体裁は和本なので袋綴じになっている。ところがみょうに一丁が分厚い……と思って開いてみると、

f0307792_20390623.jpg

何やら別の刷物、古着商の情報紙(?)のようなものが内側に綴じ込んであった。前太平記』は裏打ちだったが、こちらは糊付はされていない。強度を増すためか、はたまた分厚くみせるためだろうか。

f0307792_20051513.jpg

木口に記名あり。田村常八さん。

f0307792_20051309.jpg


f0307792_20051145.jpg


裏表紙には住所。岩手郡田頭村。ウィキによれば以下の通り。

田頭村(でんどうむら)は、昭和31年(1956年)まで岩手県岩手郡の北西部に存在していた村。現在の八幡平市田頭・平笠にあたる。

明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、田頭村と平笠村が合併して新制の北岩手郡田頭村が発足。
明治29年(1896年)3月29日 - 北岩手郡と南岩手郡が合併して岩手郡が復活。岩手郡田頭村となる。
昭和31年(1956年)9月30日 - 大更村・平舘村・寺田村と合併し、西根村となる。


[PR]
by sumus2013 | 2015-05-25 20:52 | 古書日録 | Comments(0)
<< 漫画新東京 栗田宏展 >>