林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
うちのPCも古くなってき..
by sumus2013 at 13:22
「うまやはし日記」持って..
by 大島なえ at 12:36
15周年おめでとうござい..
by sumus2013 at 08:06
吉岡実の俳句、しみじみと..
by 小林一郎 at 22:58
百人百冊、千人千冊のお宝..
by sumus2013 at 07:49
夕方、店じまい寸前に参戦..
by 牛津 at 23:51
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


書棚の片隅

f0307792_19533482.jpg

近々、山田稔さんの新著が編集工房ノアから刊行されるそうだ。近年『海鳴り』などに発表された何篇かのエッセイに加えて富士正晴記念館での講演会の原稿が収録されるようである。楽しみだ。それに関連してノアさんから出ている『八十二歳のガールフレンド』(二〇一〇年六月一八日二刷)、『コーマルタン界隈』(二〇一二年六月一日)の二冊を取り出してみた。

あちらこちら拾い読みしていると書棚の片隅」のこんな書き出しが目に留まる。改行を一行アキとした。

《新刊書を買って読む機会がめっきり減った。整理下手なので、これ以上本が増えるのが怖いからということもあるが、それ以上に、新刊書までも読む時間と体力(視力)が無くなったのだ。

 むかし読んで深く心を動かされた本を再読するだけで、精一杯である。時流に遅れまいという焦り、今の世の中にむかって生きのいい発言をおこなおうという色気や野心、そんなものはない以上、好きな古い本を気分にまかせて、もっぱら自分の楽しみのために読み返せばよい。さいわい、中身はあらかた忘れていて、いま読んでも新鮮。そんな情けないような有り難いような年齢に、やっと到達したのである。

 以上のようなことを、先日、友人に話したところ、全く同感だとのことであった。かくして新刊書をますます買わず、心ならずも出版文化の凋落に手を貸すことになっている。

 さて、その再読用の古い書物の場所が、書棚の片隅に何時の間にか出来ている。背が銹色に変って表題がほとんど読み取れなくなった古い創元選書、油紙のような色になった半透明の薄紙のカバーを時間のボロのようにまとった岩波文庫。その間に、比較的新しい本も混じってはいるが。

人さまには見せられぬ、埃をかぶった薄暗い棚の片隅から何時、如何なる理由から、如何なる書物が選び出されるのか。これは本人にもよくわからない。調べものといった必要に迫られてではないから、まあ気紛れと言ってよいだろう。読み返そうと考えながら二年、三年と年月が過ぎるうちに、ある日、ふと思い立ち、本棚の前の小さな書物のバリケードをよっこらしょと跨ぎ、手をのばす。》

自然体のいい文章ではないか。《再読用の古い書物》というのは、要するに新刊として昔求めた本ということだろうか。当方はそういう方々の書棚から流れ出た古い書物ばかりしか身の回りにないので多少事情は違うけれど、そしてまた山田先生の年齢までには相当間があるが、やはり《全く同感だ》と思うのである。


山田稔『マビヨン通りの店』

山田稔『特別な一日』

山田稔『富士さんとわたしー手紙を読む』

山田稔『北園町九十三番地 天野忠さんのこと』



[PR]
by sumus2013 | 2015-05-20 20:34 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 日本色名大鑑 大遺言書 >>