林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大遺言書

f0307792_20260519.jpg

フランソワ・ヴィヨン『大遺言書』(佐藤輝夫訳、弘文堂書房、一九四〇年三月一日)。もう大分前にアスタルテ書房で求めたもの。

FBで扉野良人氏がこんなことを書いていた。

《檀一雄の『小説 太宰治』に太宰の蔵書について語ったくだりがあるのだが、「青い何処かの文庫本で読んでゐた、フランソワ・ヴィヨンの「大盗伝」が、尤も納得のいつた面白いものだったらう。」とある。青い何処かの文庫本って何文庫だろう。山本文庫にヴィヨンは入っていたかしら。》

その檀一雄の文章が写真で出ているのを読むと

《東大の仏文科に在籍したといつても、フランス語は目に一丁字もなかつたから、マラルメ、ランボーなどと口ばしつても、なに、その解説に胸をときめかすだけで、納得のゆく読書にはなつてゐなかつた。ただ、青い何処かの文庫本で読んでゐた、フランソワ・ヴィヨンの「大盗伝」が、尤も納得のいつた面白いものだつたらう。それからエドモンド・ロスタンだ。》

とのこと。太宰が《フランス語は目に一丁字もなかつた》というのは本当か! 仏文に入れるのだろうか、そんなので。

青い文庫本で思い出したのが上の弘文堂の世界文庫。カバーは紙の色だが、表紙は青い。国会で検索するとやはり本書がヴィヨン訳書では最も古いようだ(アンソロジーへの選入はあり)。ただタイトルが違っているし、檀一雄のこの文章だけでは何とも言えないが、可能性は大であろう。

『大遺言書』から「本」のでてくるくだりを引いてみる。「二重のバラード」の八六〜八九。


一つ うつそみの肉身[にくじん]は
われらの御母、偉大なる大地に与ふ。
飢餓のためうんと虐げられたから
蛆虫どもも美味しいと思はなからう。
解脱解放を与へ給へ!
大地から出たものゆえ大地に還る、
われの誤解でないなれば、
ものは皆元の場所へと帰るものなり。

一つ わがために父にも勝り、
乳母を離れたみどりごに
その母親のありしより慈しかつた
ギョーム・ド・ヴィヨンに、
この人が、いくたびかわが艱難を救うてくれたが、
いまもつてそれを甚だ苦にしてゐるゆえ、
われはいま、小膝を曲げて願ひあぐ、
わが悪戯の喜びをすべて返へさせ給へよと。

この人にわれは与へる、わが文庫と
《ペ・トオ・ディアブルの物語》を。
抑々これはギィ・タヴァリーが
(此奴ぬけぬけ一切を漏したる男なり)
浄書したもの。仮り綴じのまま机の下に置いてある。
雑作な言葉で綴つてあれど、題目は
いとも名高いものだから、言葉の綾の
未熟さは、みな補つてあまりある。

一つ わがために数々の悲嘆と苦悩を忍ばれた
(こは神様も御存知だ、)
わが母者には、一篇の聖母に祈る
バラードをわれは遺贈す。
世のまがごとがわが上に降りかかる時、
貧れなるこの女人たるわが母を除いて、
わが身わが心隠すべき
城もなく、また砦もなし。



f0307792_21073399.jpg

本書巻末の世界文庫目録。昭和十五年、まだこんなラインナップでも問題なかったようだ。


f0307792_21073513.jpg

面白いのは表紙のデザイン。エディション・ド・クリュニィのパクリである。上はバルザックの『ウジェニー・グランデ』(Éditions de Cluny, 1937)。
寸法もタテ175ミリ、ヨコ107ミリとほとんどクリュニィ文庫と同じ。世界文庫の方が少しだけ小さい。

[PR]
by sumus2013 | 2015-05-19 21:26 | 古書日録 | Comments(0)
<< 書棚の片隅 臼田捷治さん×松田哲夫さん×多... >>