林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
かれこれひと月前になりま..
by 小林一郎 at 00:09
古本として流出してくれて..
by sumus2013 at 07:54
先日の、林さんの「神保町..
by 唐澤平吉 at 22:12
そうなんですか! それで..
by sumus2013 at 19:47
遺族からの寄贈本1万冊余..
by 唐澤平吉 at 09:00
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


縮刷金色夜叉

f0307792_18575677.jpg

尾崎徳太郎『縮刷金色夜叉』(春陽堂、一九一八年一〇月一三日二十五版)。某氏より頂戴した。深謝。装幀は斎藤松洲。挿絵が八点、中沢弘光、池田蕉園、鰭崎英朋、鏑木清方、山中古洞、井川洗涯、橋口五葉、名取春仙という豪勢な顔ぶれ。木版彫刻者が大倉半兵衛で木版印刷者が松村菊次郎。校正者として春陽堂の本多嘯月の名がある。

f0307792_18575378.jpg
中沢弘光「間貫一」


f0307792_18575200.jpg
鰭崎英朋「荒尾譲介」


f0307792_18575010.jpg
井川洗涯「狭山元輔」


f0307792_18574847.jpg
池田蕉園「鴫沢宮」


f0307792_18574771.jpg
橋口五葉「芸妓愛子」


f0307792_18574553.jpg

内田魯庵『思い出す人々』(岩波文庫、一九九四年)によれば、胃癌で死を宣告されていた尾崎紅葉がぶらりと日本橋の丸善へ現れたことがあった。店員に紅葉の来店を知らされた魯庵は出迎えて応接室で向かい合った。癌を宣告された顛末を紅葉は語った。

《やがて間をおいて、「何を買いに来た!」と訊くと、「『ブリタニカ』を予約に来たんだが、品物がないッていうから『センチュリー』にした」といった。(『ブリタニカ』と『センチュリー』とを同時に提供していた時で、丁度『ブリタニカ』が品切れになっていた時であった。)
 「『センチュリー』を買ってどうする?」と瀕死の病人が高価な辞書を買ってどうする気かと不思議でならんので、「それどころじゃあるまい、」というと、
 「そういえばそうだが、評判は予(かね)て聞いてるから、どんなものだか冥土の土産に見て置きたいと思ってネ。まだ一と月や二タ月は大丈夫生きているから、ユックリ見ていかれる。」》

だったら『ブリタニカ』を待ったらどうだと魯庵は勧めるが、頭のハッキリしているうちに自分の物として見ておきたいと紅葉は答える。

《「そこは大悟徹底している。生延びようとは決して思わんが、欲しいと思うものは頭のハッキリしている中(うち)に自分の物として、一日でも長く見て置かないと執念が残る。字引に執念が残ってお化けに出るなんぞは男が廃らアナ!」と力のない声で呵々(からから)と笑いながら、「『センチュリー』なら直ぐ届けられるだろう。」
 「むむ、『センチュリー』なら直ぐ届ける、」というと、漸く安心したような顔をして、「これで先(ま)ア冥土へ好い土産が出来た、」と笑いながら丁度店員が応接室の外を通ったのを呼留めて申込書と共に百何円の現金を切れるよう紙幣(さつ)で奇麗に支払った。

およそ三月後に紅葉の訃が伝わった。


[PR]
by sumus2013 | 2015-05-12 20:22 | 古書日録 | Comments(2)
Commented by 牛津 at 2015-05-12 22:41 x
いい記事ですね。人生はこのようなものでしょう。
紅葉の気持ちはわかります。先日の古書展で、『金色
夜叉』の復刻版は200円でした。買っておいてよかった。
Commented by sumus2013 at 2015-05-13 11:43
35歳ですからねえ、悔しかったでしょう。
<< 高田渡と…… モダンな親王 >>