林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
1992年の「林哲夫作品..
by H at 20:45
有り難うございます。25..
by sumus2013 at 19:13
早速のコメントありがとう..
by H at 09:42
そうなんですか、感慨無量..
by sumus2013 at 08:54
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


畢竟如何

f0307792_19540303.jpg

達磨の画を求めた。マクリ(表装されていない状態)なので値段はあってなきがごとし。なんとも言えないこの達磨の表情も面白いと思ったのだが、それよりも賛の書きぶりが気に入った。

f0307792_19540232.jpg

 不喞𠺕漢
 畢竟如何

達磨大師の絵なのだから禅語だろうと検索してみたら『碧巌録』第一則に見えるようだ。

《擧梁武帝問達磨大師 説這不喞𠺕漢 如何是聖諦》

『碧巌録』の訳本を架蔵しないので不確かながら、梁武帝が達磨大師に「聖としてもっとも大事なことは何ですか?」と質問したということだろうが、「説這不喞𠺕漢」は見当もつかない。あえて推測すれば、不平をかこつことなく愚かな漢人におっしゃってください……くらいの意味?(岩波文庫版があるようなのでいずれ参照してみましょう)

「畢竟如何」も『碧巌録』から。「それで、つまりどうだ?」。さらりと書いてあるが、なかなか蘊蓄の深い賛である。

f0307792_19540018.jpg

賛の署名は「星石」、印は「戢之名山」。「星石」とは宗星石(そうせいせき、1866-1923)ではないかと思う。

《南画家・対馬藩主・伯爵。名は重望、字は千里、別号に白雲山樵。経学を亀谷省軒・三島中洲、画を大倉雨村に学ぶ。東京南画会・中央南宗画会会長。貴族院議員。大正12年(1923)歿、57才。》(コトバンク)

とあるが、生年からして対馬藩主はないだろう。対馬藩の最後の藩主は父の宗義達。

《宗星石は、下村観山が「彼が画を業としたのであれば、玄人はさぞ難儀するであろう」と語っているほど画の才能に恵まれており、中国に渡航した事のある経験から、中国の風景を描いた山水画を多く残しています。

宗星石は、明治から大正時代を生きた華族で、宗氏第34代にあたる宗重望の雅号で、別号に白雲山樵、小雲山房主人、疎雨亭などがございます。》(いわの美術

「戢之名山」という印文も凝っている。「戢」は「収める」という意味で、おそらく古くから用いられている「藏之名山,傳之其人」(著作を山中に隠して、これぞという人にだけ見せる)からきているのかとも思う。

f0307792_19535806.jpg


絵の方は見ての通りのマンガだ。プロの筆ではない。署名も印も「東海」。これが誰なのか断言はしないが、伊藤東海(1893~1983)だったらいいなと。

《伊藤東海 明治26年 愛知県生まれ。書家。住友銀行行名執筆。「書之研究」「学書大道」各主幹。「青藍会」「游神会」「山鹿聖学養正会」各会長など歴任。昭和58年歿。主な作品集に「古希東海」「喜寿東海」「東海・心画」「上寿記念作品集」他。》(『西田幾多郎の書』燈影舎、二〇〇九年、著者略歴より)

要するに、絵が得意な星石翁が字を書き、字が専門の若い東海が絵筆をとった、そういう趣向なのではないだろうか。畢竟如何?


[PR]
by sumus2013 | 2015-05-10 21:24 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< モダンな親王 学園 >>