林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小学入門乙号

f0307792_19542330.jpg

『小学入門 乙号』(文部省、書肆澤宗次郎、一八七五年一月)。これは官許の教科書である。

明治政府は学制を発布するとともに、学制に定められた初等教育の革新のために、明治5年に東京に師範学校(翌年、東京師範学校に改称) を設け、小学校教師のための近代的な教育方法の伝習、新しい小学教則の編成、また小学校用の教科書の編纂にあたった。
 当時、小学校の教科書として用いられた翻訳書や啓蒙書は、生徒にとって程度の高い内容であったため、教育の現場からは、生徒の学力に応じた学年別の教科書の編纂が望まれた。文部省では師範学校と協力し、現状に即した「小学教則」を定め、また『小学入門』『小学読本』『小学算術書』など、欧米の教科書を範とした教科別の系統的な教科書を編み、近代教科書の基礎を築いた。
明治6年以降、東京師範学校の卒業生が、各地に設立された師範学校に迎えられると、東京を中心に、新しい教育方法と教科書が全国に広まった。文部省は各府県に対し、文部省及び師範学校編纂の教科書の翻刻を許可し、これらの普及を促進した。》(師範学校と近代教科書の成立

そしてまず『小学入門』甲号が明治七年に発行され、次に同じ内容でレイアウトを変えた(図版等を小さくした)乙号が翌八年に発行されたという。

本文の内容は、いろは図、五十音、数字、九九の図、単語図、連語図、線及度図から成る(色彩図の附属しているものもあるようだ)。

f0307792_19542543.jpg

f0307792_19543546.jpg


f0307792_19542729.jpg


f0307792_19542919.jpg
単語図ではイと井とヒの使い方の違いがはっきり示されていて面白い。イト、イヌ、イカリ、(井戸)、井(猪)、井モリ、カイ(櫂)、シヨクダイ、コウガイ、カヒ(貝)、タラヒ、フルヒ、トリ井、井グサ、アジサ井……。


f0307792_19543157.jpg
「帽」もちゃんと掲載されている。シルクハットは明治初期の必須単語だったらしい。


f0307792_19543702.jpg

本冊の版元は「滋賀県下大津丸屋町/書肆 澤宗次郎」。国会で澤宗次郎を検索すると安政六年(一八五九)に水原篤斎七十賀詩歌集『南山集 五集』三冊を刊行したのが最も古い。後ろ見返しに《草々書堂藏梓製本管事/大津丸屋町五車堂澤宗次郎》の朱印があるという。

驚いたのは澤がその翌年(万延元年)柏木如亭『詩本草』を刊行していること。あわてて岩波文庫版詩本草』を取り出す。解説にいわく

《文政五年版の『詩本草』は、おそらく私家版として如亭所縁の人々に配られたもので、極めて少部数の出版だった。今日その伝本が稀覯であるだけでなく、江戸時代においてもすでになかなか見ることのできない書物になっていた。そこで如亭歿後四十一年の万延元年(一八六〇)に『詩本草』ファンの一人水原美瑞(みずはらびずい)の手によって、再刻本が出版された。

水原美瑞は、幕末から明治にかけての頃、近江の大津に住んでいた漢学者で、名は芝、字は美瑞、通称は平蔵、号を漫唫居士、斎号を雨亦奇楼と称した。生歿年は不詳であるが、柏崎順子氏の調査報告「再刻本『詩本草』と澤宗次郎・水原芝」(『書誌学月報』四十七号、平成三年十二月)によれば、明治九年版『京都府官員録』に簿書掛十三等、明治十年版には簿書掛八等として、その名前が掲載されているという。長年の捜索の末、ようやくにして文政五年刊の版本『詩本草』に巡り会うことのできた水原美瑞は、喜びのあまり私財を投じて『詩本草』を再刻し、同好者に頒布したのである。

目下、臥遊堂のサイトに掲載されている『詩本草』奥付には《水原氏蔵版/萬延元年庚申夏/製本所 大津丸屋町 澤宗次郎》と刷られている。

このように五車堂こと澤宗次郎は漢詩集の私家版制作から始めて明治維新とともに地図や教科書の出版人となって行ったようだ。国会図書館では澤宗次郎で検索すると明治十九年刊の『改正滋賀県管内地理書訳図』が最も新しく、五車堂で検索すると『趣味の大津:遊覧案内』(沢五車堂、大正十五年)が最新のようである。


[PR]
by sumus2013 | 2015-05-07 20:56 | 古書日録 | Comments(0)
<< 日本文学全集吉田健一 コラージュとジャズ >>