林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうでしたか! クラシッ..
by sumus2013 at 08:12
有り難うございます。在、..
by sumus2013 at 20:18
ご無沙汰しております。い..
by epokhe at 16:28
こちらこそ有り難うござい..
by sumus2013 at 15:05
林哲夫さま 掲載ありがと..
by 遠藤勁 at 14:23
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コラージュとジャズ

f0307792_17062532.jpg

昨日取り出した『植草甚一自伝』(晶文社、一九七九年六月二〇日、表紙イラストレーション=和田誠)に『植草甚一スクラップ・ブック月報34』(一九七九年六月)が挟んであった。そこに「植草甚一大いに語る/コラージュとジャズ」というインタビューが載っている(聞き手=青山南)。これがコラージュとの関わりをわりと詳しく回顧していて参考になった。メモしておく。

ーーところで、植草さんがコラージュをはじめられたきっかけはというのは何だったんでしょう?

 昭和五、六年でしたか、マックス・エルンストの「百頭女」と訳されている「ファム・サン・テート」というのが、神保町の裏のフランス語専門書店の三彩社に来て、入った三日めくらいに見たんです。だいたい普段買ってるのは一円クラスの本でしたが、あれは二十円だったかな。やっと買ったんですが、感心しちゃった。その時は自分ではやっていませんでした。
 この間エルンストの展覧会があって、「百頭女」の原画が出ているので見に行きましたが、切り口のつなぎ目のうまさは、さすがのものでした。あれをやったころはまだ三十前でしょう。頭がちがうんだと思いましたね。

ーーそうすると、エルンストの「百頭女」が植草さんのコラージュへのとっかかりとなったと……

 それよりか前ですが、堀口大学がジャン・コクトーの紹介をしました。麻薬中毒のデッサンなんかに感心して、ぼくは建築科の学生でしたから、盛んに真似をしたもんです。それともう少し昔になると、村山知義なんです。村山知義がドイツから帰ってきてダダが始まって、それから構成主義になった。ロシアの社会主義と結びついたりしてね。
 その頃、ぼくの家が両国の瓦町にありましたが、電車通りに一間の間口の古本屋があって、おじいさんが一人でやってました。店じゅうカタログだらけで、その中にたくさん機械のカタログがあった。それを切り抜いて、構成主義って流行ってたんで、大きなのを作りましたね。早稲田祭で陳列した時に、一人だけ褒めてくれたのが、力学の先生でした。これは後で、本郷のエスペロって喫茶店のカウンターの上にかけておきましたが、火事で焼けてしまいました。
 そうやって構成派のころ盛んにカタログを切り抜いては、やっていたのを、いま訊かれて急に思い出しました。》

文中「三彩社」は「三才社」の誤植。

[PR]
by sumus2013 | 2015-05-06 17:28 | 古書日録 | Comments(2)
Commented at 2015-05-08 09:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2015-05-08 15:48
けっこう迷いますよね、ご苦労さまです。
<< 小学入門乙号 植草甚一関連資料 >>