林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
古本として流出してくれて..
by sumus2013 at 07:54
先日の、林さんの「神保町..
by 唐澤平吉 at 22:12
そうなんですか! それで..
by sumus2013 at 19:47
遺族からの寄贈本1万冊余..
by 唐澤平吉 at 09:00
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ぽかん05

f0307792_20075186.jpg


『ぽかん』5号(ぽかん編集室二〇一五年四月二一日、コラージュ=林哲夫、レイアウト=西田優子)が届いた。表紙は拙作コラージュを五、六点データで送って、それを西田さんがレイアウトしてくれる。これが三冊目なのだが、毎度思わぬカットが使われており「なるほど、そうきたか!」と感心することしきりである。

『ぽかん』4号

『ぽかん』3号

今回も充実した執筆陣。服部滋、佐久間文子、山田稔、保田大介、扉野良人、岩阪恵子、外村彰、秋葉直哉、内堀弘、真治彩(編集後記)。内堀さんの連載「千代田区猿楽町1−2−4」は其の三となった。田村治芳さんにかぶせて中野書店の中野智之さんの思い出が描かれる。

《だが、そんな中でも中野書店の智之さんと田村さんにはある種の親密さがあって、その言い方が適切かどうかはともかく、この二人は妙に気が合うようだった。》

そして中野さんの「お喋りカタログ」についてこう述べる。

《はじめてこれを見たとき、あれだけの仕事をしていても、やはりこういうことをしたいのかと思った。彼は古典籍商反町茂雄氏に私淑し稀少な古典籍の歴史的価値を伝えた。一方で圧倒的な量の古書を載せた目録を月刊で出し続けた。そうしたストイックな仕事ぶりを私は好きだったけれど、でも、そういうのではなくて、いつかこういう目録を作りたいよね、と、これはそんな目録だった。そんな目録を作るから死んでしまうのだ。》

涙出そうになりました。


f0307792_20273555.jpg
『のんしゃらん通信』3号(イラスト=西松実千代)。佐藤和美、郷田貴子、森元暢之、帆布次七、佐藤靖、福田和美、そして真治彩。


f0307792_20331985.jpg

「ぼくの100」は中野もえぎ。《一九七三年、東京生まれ。大学内の専門図書館司書。今年は絵を描く時間を持ちたい。》と執筆者紹介にあるが、個人的には非常に親近感を覚える選書である。

とにかくこの三冊セットで900円+税というのは凄いというか、お得だなあと思う。同封されていた私信には次のようにあった(バラしちゃいます)。

《本誌、のんしゃらん、ぼくの百の3点セットで出すのは5号で終了するかもしれません、よりシンプルな方向へ行くことが継続の道であることになんとなく気づいてきました。でも、やりたいという気持ちもあります。》

この気持ちよく分る。どちらでもいいです、続けて欲しい。


[PR]
by sumus2013 | 2015-05-02 20:45 | 装幀=林哲夫 | Comments(5)
Commented by 吉澤 at 2015-05-03 21:17 x
この連休は遠出(みやこめっせ)が出来ませんでしたが昨日は
古本倶楽部(No284号)で注文した「巴里雀/石黒敬七」が届き
本日は「書影の森」が届きました。もちろんこれから「ぽかん」も・・・あまりいい買い手ではありませんが,みなさん精一杯応援したいですね。(…書影の森すばらしいです。古本の奥深い森へどんどん誘い込まれるようですが・・充実した連休になりました)
Commented at 2015-05-04 08:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumus2013 at 2015-05-04 13:46
今回はとくに「ぼくの100」からのイメージにできるだけ忠実にと考えました。表から裏へつづいている少女の写真は、たしか東欧映画のチラシなんですけど……すみません、タイトル忘れました。
Commented by sumus2013 at 2015-05-04 13:50
吉澤さま ありがとうございます。巴里雀! いいですね。
Commented at 2015-05-04 23:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< Books Herring 写真展 小学人体問答 >>