林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


書影の森 出来!

f0307792_20074836.jpg


f0307792_20080328.jpg


f0307792_20081777.jpg


f0307792_20082468.jpg

みずのわ出版


『書影の森 筑摩書房の装幀1940-2014』出来上がった。校正を何度見ていても、やはり完成してみないと仕上がりに確信がもてない。いつもながら荷物を開封するときはドキドキものである。さすが山田写真製版所、見事な印刷である。プルーフからある程度予想はしていてもいい意味で予想を裏切る出来である。大安心。

臼田さんの要望もあって今回の図版にはカバーとともに表紙の画像をなるべく多く掲載するようにした。表紙とカバーの関係というか表紙のあしらいはデザイナーの腕の見せ所。つぶよりの装幀本ばかりなのでどの表紙も見事に塩梅されている、レイアウトしながらしばしば感嘆して唸った。だからそれらの見せ方も、あえて凝った写真は使わず、真正面からスキャンした図でまとめた。デザイン・サンプルとしても結局これがいちばん参考になると思う。

臼田さんからこの企画の話を初めて聞いたのは竹尾賞授賞式(二〇一二年三月二六日)のときだった。多少の曲折があった後、みずのわ出版から出すと決まり、実際に本文を組むための作業を始めたのがまる一年前。『関西の出版100』(創元社)もやはりトータルで三年かかったが、レイアウト作業そのものは半年で片付いた。それからしても『書影の森』はタイトル通りに書影の森でさまよう時間をかなり要したことが分っていただけると思う。あまり部数も多くないため、どこの書店にも並ぶというものではないが、機会があれば是非手に取っていただきたい。そして購入して頂ければなおさら有り難い。

*神保町の東京堂書店にて五月中に著者である臼田捷治さんを中心とした本書完成記念トークショーが開催される予定です。詳しいことが決まれば改めて発表します。御期待ください。



[PR]
by sumus2013 | 2015-04-30 20:47 | 装幀=林哲夫 | Comments(4)
Commented by kaguragawa at 2015-04-30 22:09
「山田写真製版所」。一見、どこにでもあるような企業名ですが、もしかして富山市の・・・。
Commented by sumus2013 at 2015-05-01 08:59
はい、そうです。業界ではトップクラスの印刷所だそうです。
Commented by 唐澤平吉 at 2015-05-02 07:04 x
予約していた本が届きました。
すばらしい。

どんなにすばらしいか、小生が御託を並べるより、ぜひ多くの人に手にとって(買って)いただき、その眼で確かめていただきたい本です。内容造本、スタッフすべてがすばらしい。心躍りのする、うれしくなる本なのですから。
Commented by sumus2013 at 2015-05-02 11:20
唐澤様にそう言っていただけると小生も嬉しいです。花森本もさらに良いものになるよう努力したいと思います。
<< 小学人体問答 どうなとなれ >>