林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
個人的に思うのですが、第..
by sumus2013 at 16:32
「わずか数ポイント差の得..
by 牛津 at 15:55
ご来場有り難うございまし..
by sumus2013 at 21:55
久し振りにお会いできて嬉..
by 淀野隆 at 21:24
この聞き取りを残せてよか..
by sumus2013 at 08:10
いやあ、驚きました。肥後..
by 岡崎武志 at 22:53
無料ではなく、せめて五十..
by sumus2013 at 21:51
そうそう、思い出しました..
by 牛津 at 21:26
まったくその通りですね。..
by sumus2013 at 09:04
このような本が無料という..
by 牛津 at 21:13
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


メルヒェンとダンス

f0307792_17045367.jpg
f0307792_17045068.jpg


5月1日〜6日

プチタム
京都市左京区田中上柳町21
http://popotame.net/?p=519



f0307792_20202706.jpg

ホホホ座から北へ引き返し、銀閣寺交差点より西へ。百万遍を通り越して出町柳のプチタムへ。メルヒェンとダンス展。古いアパートメントの二階にあるのだが、このアパートメントがなんとも素晴らしい。

f0307792_20203268.jpg

f0307792_20203825.jpg

f0307792_20204148.jpg

玄関を入って左手奥の階段を二階へ。すぐ目の前の部屋。そう広いスペースではないものの、非常に趣味よく展示されており感心してしまう。

タダジュンさんのちょっと人並みはずれたイマジネーションに圧倒される感じ。紙版画の版を利用したアニメーションも上映されてた(DVD販売中)。BGMとして好みの音楽を鳴らしながら見ればいいそうだ。東京では生演奏で上映したという。それは面白い。

f0307792_20204467.jpg

f0307792_20204665.jpg

お店の方からこのアパートメントについていろいろおうかがいする。そこへ、うらたじゅんさんが現れた。いやあ、お会いできて嬉しかった。

その後、丸太町まで引き返しヨゾラ舎へちょっと立ち寄ってから御幸町御池上るで開催されている夜野悠「古巴 モノクロームの午後」をのぞく。キューバの下町の情景。建物は古く、自動車はクラシックカー。散策しながらそこで暮らす人々をさりげなく撮影したモノクロ写真とヴィデオ画像。大きな布に引き延ばされて壁を隙間無く埋めた写真。この見せ方がいい。『現代詩手帖』で特集された「キューバ詞華集」の引用が添えられているのも効果的。それにしても、米国との国交が回復すれば、あっという間にこれらの風景は消えてなくなるのだろう…。

f0307792_20355984.jpg

夜野悠氏ふうにモノクロームにしてみた。

[PR]
by sumus2013 | 2015-05-03 20:30 | もよおしいろいろ | Comments(2)
Commented by sustada at 2015-05-04 11:22
林哲夫さま 
こんにちは。この度は京都プチタムの展示に足を運んでいただき、ありがとうございました!今回飾り付けに時間をかけたので、ご感想、本当にうれしく励みになります!それでは、またお会いできることを楽しみにしております。
タダジュン
Commented by sumus2013 at 2015-05-04 13:48
初日にうかがいたかったのですが、他に予定がありましたので失礼しました。また是非お会いしたいです。
<< 「澤」183冊の表紙デザイン ホホホ座 >>