林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


高津宮観桜会

f0307792_20363862.jpg


恒例の大阪高津宮でのイチジク(一軸)観桜会が開催された。昨日の嵐で満開のさくらはかなり散り乱れたようだったが、それでも好天で人出は少なくなかった。こちら、桜は素通り。会場の富亭へ。主催者の橋爪先生(左の立っている方)と茶旗をかかげる明尾先生。イチジク会の旗である。毎度ながら「清風ではのうて濁風です」と笑いをとる。

f0307792_20392795.jpg


正面の女性の軸は、昭和になってからの甲斐庄楠音。これはいい絵だった。下左は北野恒富。
f0307792_20422495.jpg


同じく珍しい恒富(三点とも)の掛軸の説明をする白沢庵氏。
f0307792_20423065.jpg


宮武外骨コレクションおよび手前は大正時代の挿絵スクラップなど。
f0307792_20423726.jpg


宝井其角(?)の発句、自画。右は藤原俊成の歌切。
f0307792_20493664.jpg


頼春水の書簡(丸川一郎宛)。春水の手紙はほとんどがこのようにびっしり書き込まれているそうだ。
f0307792_20493490.jpg


他にもいろいろ出陳されていたが、このくらいで。そうそう、牛津先生のお嬢様にもお会いできた! 花よりイチジクの一日だった。


[PR]
by sumus2013 | 2015-04-04 20:58 | もよおしいろいろ | Comments(2)
Commented by 牛津 at 2015-04-04 21:18 x
父が妙法寺川で桜の花見で浮かれていたというのに、
娘は薀蓄斎先生の薫陶を受けていたとは。親子共々
お世話になります。
Commented by sumus2013 at 2015-04-04 21:31
いいお嬢様ですね。研究者としても将来が楽しみですねえ。
<< 岡本 わが町 悲しいことなどないけれど >>