林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
次作の京都編がいよいよ楽..
by sumus2013 at 11:34
拙著、ご紹介いただき有難..
by manrayist at 09:19
全く幼稚な感想でお恥ずか..
by sumus2013 at 08:06
『新訳ステファヌ・マラル..
by monsieurk at 22:06
それは惜しいことを。貴重..
by sumus2013 at 08:07
先日、宮崎翁にお会いした..
by kinji今村 at 22:15
よかったです!
by sumus2013 at 07:58
小生も一度お伺いしようと..
by sumus2013 at 08:00
街の草さんにはちょっとご..
by akaru at 22:48
そうでしたか、本当に早い..
by Iwata at 18:18
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


悲しいことなどないけれど

f0307792_19150001.jpg


安久昭男『悲しいことなどないけれどさもしいことならどっこいあるさ』(龜鳴屋、二〇一五年一月三一日、カバー絵=鈴木翁二、造本設計=龜鳴屋)。またまた龜鳴屋さんの予想だにできない作品集が刊行された。

龜鳴屋

著者の安久昭男(あんきゅうあきお)氏は一九五七年新潟県生まれ。早稲田大学卒業。表題作で第一回早稲田文学新人賞受賞(一九八五年)。現在は公民館に勤務しながら小説を発表している。

表題作がまた小説とは思えない長篇の散文詩のような饒舌体で成り立っている。敢えて言えばジョイスの「フィネガンズウェイク」を意識したようなダジャレ連発、意識の流れ的な意味のありそうでなさそうな会話、独白がえんえんと続く作品。論より証拠。表題のセリフが連発される部分を抜いてみる。

「北風ブンブン北からブンブンいちもにもなくブンブンブン」
「恋をして詩人になったのだね」
「いらかの波と雲の波ずっと向うにあの子の家が……徒らに昔を思い出さすなよ」
「思い出されるだけが昔の取柄さ」
「夢は今もめぐりて、夢みられるだけが夢の取柄」
「悲しまれるのだけが悲しみの取柄」
「悲しいことなどないけれど」
さもしいことならどっこいあるさ」
「寂しいことなどないけれど」
「わびしいことならどっこいあるさ」
「悲しいことなどないけれど
 さもしいことならどっさりあるさ」
「どっさりでない! どっこいだ」
「悲しいことなどないけれど
 さもしいことならどっこいあるさ」
「寂しいことなどないけれど」
「わびしいことならどっこいあるさ」
「悲しいことなどないけれど
 さもしいことならどっさりあるさ」
「どっこいじゃないのかい」
「どっさりになる場合もある」
「さもしいというのはどれくらいの意味だい」
「そんなことを訊くなそんなことを訊いて耳学問をつけるつもりかい」
「すいません」
「そんな態度が大変さもしい」
「すいません」

……というような調子である。ジョイスというより坂口安吾か中村正常、いや杉浦茂かな、赤塚不二夫? とにかくポップでキッチュでどこか物寂しい情感のこもった作品である。表題作の他に二篇の短篇「んー My Sweet Lord」(『早稲田文学』一九八三年二月号)と「飯豊山行備忘録」(書き下ろし)も収録されている。完成度では「んー My Sweet Lord」がもっとも高い。

面白いのは表紙(カバーではなく)に「早稲田文学新人賞選考座談会」の抜粋が刷られていること。参加者は三田誠広、山川健一、鈴木貞美、立松和平、平岡篤頼。欠席選評が荒川洋治、中上健次。鈴木氏が《彼の持ち味というのは昭和初期のナンセンスとかペーソスに似ていると思うんですが》というのは正しい。日本でもジョイスが流行した時代だ(かなりこじつけてます)。他には平岡が妥当な批評をしているが、中上は全否定。荒川氏の短評がいちばん正直なところか。

安久昭男氏の作は、才気が感じられてたのしめた。会話のことばは妙につくりものめいていて感心しない。小説らしさというものをはねのけているところはいいが、これは体力[二字傍点]のわざ。あまり伸びる人ではない。

妙につくりものめいていて」という評言だが、むろん意識的にやっているので、その意図は「んー My Sweet Lord」の結末においてはっきり分る。この仕掛けは見事に成功している。





[PR]
by sumus2013 | 2015-04-03 19:56 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 高津宮観桜会 画引単語篇 >>