林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホシナ大探偵

f0307792_20285847.jpg

書肆盛林堂
険奇探偵小説 ホシナ大探偵―押川春浪 ホームズ翻案コレクション―

押川春浪険奇探偵小説 ホシナ大探偵』の元本は大正二年に大学書院から刊行された。ながらく幻とされていたが、国会図書館の未整理本のなかから発見され横田順彌氏によって世に紹介されたのだそうだ。原作はコナン・ドイルの「レディ・フランシス・カーファクスの失踪」(『シャーロック・ホームズ最後の挨拶』所収)で、人名・地名とも日本のものに置き換えられている。

「ハハア、京都だな」
 疾風(はやかぜ)のホシナと呼ばれた保科大探偵は、何んと思ったか凝乎(じっ)と僕の長靴を見詰めて居たが、唐突(だしぬけ)に此様な質問を発した。恰度(ちょうど)その時、僕は安楽椅子に凭り掛かって、ダラリと脚を投げ出して居たのだが、大探偵は一心に僕の長靴を見詰めて居るので、之はテッキリ長靴の問題だなと思い、少し首を擡げて、
「串戯(じょうだん)じゃないよ、之れでも舶来だぜ、巴里(パリー)で仕込んで来たのだよ」
と、僕が聊(いささ)かムッとして恁(こ)う答えると、保科大探偵は俄かに微笑を唇辺に湛え乍ら
「イヤ君浴(ゆ)の事だよ、京都の上方浴だろと言うんだ、君は何故粋(いなせ)な江戸名物の銭湯に入らずに、贅沢な、ハイカラな上方浴なんぞへ行くのだと聞くのだよ」》

……なるほど、シャーロックお得意の観察眼の鋭さを示す描写から入っている。小ネタで惹き付けておいて、いざそこから誘拐された令嬢の行方を追う旅が始まるという仕掛け。

もう一篇収録されているのは「武侠探偵小説 大那翁(だいナポレオン)の金冠」。『武侠世界』大正二年一月号から三月号にかけて連載された作品である。こちらもシャーロックの「ボヘミアの醜聞」と「赤毛連盟」の要素を組み合わせて新たなストーリーを作り出した翻案もの。パリで日本人の探偵が活躍するというのだから痛快きわまりない。

《本書は、日本でも有数のシャーロック・ホームズ研究家である北原尚彦氏に「盛林堂ミステリアス文庫でホームズを……」と相談したことから始まった。するとなんと押川春浪によるホームズの翻案があり、しかもそれらは復刊・復刻されておらず読むことが難しい状態にあるという。それでは是非に、と本レーベルからの復刊の運びとなった。》(あとがきにかえて)

正直、二篇ともストーリーや展開には古めかしさが隠せないものの(古すぎて新しいとも言えそうなくらい)、だからこそ、それはある意味、明治から大正にかけての日本人(の少年たち)がどんな物語、どんな野望にワクワクしたのか、ということをハッキリ教えてくれるドキュメントになっていると思う。


[PR]
by sumus2013 | 2015-03-23 21:06 | おすすめ本棚 | Comments(0)
<< 独習写真術 狛犬誕生 >>