林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


狐のだんぶくろ3

f0307792_19221435.jpg
田河水泡『凸凹黒兵衛』(『婦人倶楽部』一九三三年六月号付録)。

『狐のだんぶくろ』の「漫画オンパレード」を読んで腑に落ちた。まず澁澤少年が滝野川中里にいた頃、近所に小野寺秋風という漫画家が住んでいたという話からはじまる。

《小野寺秋風には評判になった連載物もなく、講談社を中心に活躍していた当時の漫画家のなかでは、彼はあまりぱっとした存在ではなかった。「のらくろ」「凸凹黒兵衛」「蛸の八ちゃん」の田河水泡、「冒険ダン吉」の島田啓三、「長靴三銃士」の井元水明、「団子串助漫遊記」の宮尾しげを、「日の丸旗之助」の中島菊夫、「タンク・タンクロー」の阪本牙城、「コグマノコロスケ」の吉本三平、「虎の子トラちゃん」の新関健之介、「カバさん」の芳賀まさを、それに澤井一三郎や倉金良行や帷子(かたびら)ススムや石田英助にくらべても、小野寺秋風はずっと地味な存在だったのではないかと思う。

猫野ニャン子先生 小野寺秋風・画

これらの内小生が架蔵するのは『のらくろ』復刻版を除けばわずかに上の『凸凹黒兵衛』のみ。マンガは専門家にお任せするのがよろしい。なかでも澁澤は「タンク・タンクロー」がいちばん印象深いと言う。

《まあ、「タンク・タンクロー」はナンセンス漫画のはしりみたいなものであろう。あるいは一種のSF漫画と考えてよいかもしれない。当時、つまり昭和十年前後には、それが非常にめずらしかったから、少年の私は強烈な印象を受けたのである。

このくだりを読むと以前このブログで《やっぱり澁澤の好みはメリメよりも誰よりもマンガに親近しているようである》と書いたことの裏付けを得たようで、ついウンウンと頷いてしまう。また黒兵衛についてはこう述べている。

凸凹黒兵衛」は『婦人倶楽部』の別冊付録だったから、私は本屋の前で母にせがんで、よく雑誌を買ってもらったものだ。子どもにせがまれて、読みたくもない雑誌をしぶしぶ買った母親が、当時はずいぶんいたのではなかったろうか。思えば講談社も罪なことをしたものである。

罪なことというか、なかなかの戦略であろう。

昭和二十年四月十三日。年明けからくり返されたB29による東京(および全国主要都市)への空襲がついに澁澤の住んでいた地域にも及んだ。

《晴れた夜空をわがもの顔に低く飛ぶB29は、サーチライトに照らされて銀色に光り、まるで不気味な魚のような感じであった。空襲警報のサイレン、爆弾の音、焼夷弾の音、高射砲の音、ひとびとの叫び声。やがて方々から火の手があがって、夜空は昼のように明るくなった。》

《ここはどうしても逃げるしかない。とはいえ、どっちへ行っても火の海なのである。家々が焼けくずれ、電信柱が燃えあがり、火の粉がもうもうと風に渦巻いている。逃げまどう群衆とともに、私たちもしばらく逃げ場を求めて右往左往した。》

そして山手線のトンネルのなかに逃げ込んだ。そこで一夜を過ごす。

《朝になって、ようやく火勢がおさまったころ、トンネルから外へ出てみて驚いた。見わたすかぎり、まっくろな焦土で、まだぶすぶすと燃えくすぶっている。余燼から立ちのぼる煙のため、ほとんど目をあいていることができない。あたりには灰と異臭がただよって、天日もどんより暗くなるほどである。
「えらいことになったものだ」と十六歳の私はそのとき思った。「こういうことは生きているあいだに、そう何度もぶつかることではあるまい」と。
 それでも、さすがに若かったから、なにもかも灰になってしまったのにはそれほど悲観もせず、むしろ好奇心がむらむらと頭をもたげてくるのをおぼえ、その日、足にまかせて焼け跡をやみくもに歩きまわったのをおぼえている。》

澁澤の描く四月十三から十四日にかけての空襲では330機のB29が東京中を無差別爆撃した。翌十五〜十六日には横浜川崎へと移った。映画「ドイツ青ざめた母」(ヘルマ・ブラームス監督、一九八〇年)は徹底的に破壊されたベルリンの惨状を見事に描写していたが、ドイツでも日本でも米軍は戦争終結をにらんでバクダンの在庫一掃を図ったのである。

このとき目の当たりにした焦土と大好きだったマンガが戦後の澁澤龍彦を形成した、そう小生は思っている。サドへの共感も自ずから納得できるだろう。

[PR]
by sumus2013 | 2015-03-15 20:25 | 古書日録 | Comments(0)
<< 古本屋の窓から 狐のだんぶくろ2 >>