林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
唐澤様はじめみなさまのお..
by sumus2013 at 13:58
おめでとうございます。 ..
by 唐澤平吉 at 10:34
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


川端彌之助作品展

f0307792_20044826.jpg

f0307792_20045175.jpg

川端彌之助作品展が京都市南区東九条の「長谷川歴史・文化・交流の家」で開催されている。川端彌之助の回顧展は一九八四年に京都市美術館でたしか見たような記憶があるのだが、久しぶりにもう一度と思って出かけた。会場の長谷川家住宅というのにも興味があった。

長谷川歴史・文化・交流の家
http://hasegawa.okoshi-yasu.net

地下鉄の十条駅から歩いて七、八分。一般の住宅街のようでありながら、このあたりは寺院や古い農家が点在して歴史を感じさせる地域だった。

f0307792_20020710.jpg

長谷川家住宅の長屋門から母屋へのアプローチ。戸を開けて入場すると上品な婦人が応対、そして一部屋ごとに案内してくださった。チラシの文章をよく読んでいなかったのはうかつだが、この長谷川邸は長谷川良雄の住居だったのだ。長谷川の姉と妹(姉の歿後)が川端に嫁いでいるため二人は義理の兄弟にあたるのである。

長谷川良雄は一九〇二年に創設された京都高等工芸の第一回入学生で浅井忠や武田五一に学び、浅井死後、絵筆を放棄した時期があったようだが、家業の地主を務めながら発表する意図をまったく持たずに数多くの水彩画を制作した。

長谷川の水彩画を京都市美術館で見たのはいつだったか。九〇年代の後半だったと思う。そのときまでまったく知らない作家だったのだが、なんとも見事な水彩テクニックに感嘆した。浅井忠と同じく透明さを極限まで生かす筆運びながら、浅井よりももう一歩踏み込んだ描写になっている。京都、とくに洛南の風景を多く残しているが、その爽やかさ、渋さは小生のもっとも好むところである。

描きためた水彩画は長らく人知れず納戸に保管されていた。『長谷川良雄画集』(長谷川景子、一九九四年)の発行をきっかけとして再評価が始まったそうだ。長谷川邸には常設の展示場が設けられており、作品はもちろんのこと絵具、パレット、筆、ペインティングナイフ(ナイフを使ってひっかく浅井直伝のテクニックを得意としていた)などの遺品も展示されていた。久々に長谷川作品に触れることができ心が洗われる思いだった。

また、良雄の父・清之進はかなり熱心な歴史研究家だったらしい。清之進の蒐集した幕末の地図各種や黒船関連の同時代資料、各種の時計、地球儀なども見所のひとつだ。襖の書は江馬天江、宮原節菴。円山派の絵師による衝立や南蘋派の花鳥画軸なども。

川端彌之助の作品では、パリ時代がいずれも佳作だったが、とくに印象に残るのは画家が自ら手作りしたたくさんのぬいぐるみ人形。竹久夢二の創作人形を連想させるヨーロッパ調のスラリとしたもの。あるいは川端が留学していた当時のパリにそのような形のプペがあったのかもしれない。

土曜の午前中をゆったりと過ごすことができた。土日祝のみの開館なのでご注意を。




[PR]
by sumus2013 | 2015-02-28 21:20 | 雲遅空想美術館 | Comments(0)
<< 書き捨てた言葉 乳のみ人形 >>