林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


深淵の諸相

f0307792_20274959.jpg


ヴァレンチノ司祭記念日にチョコレートを頂戴した。古書会館へ出かけた日以来、半月ぶりに市内のある古書店をのぞいて何冊か帳場へ持参したところ、おつりといっしょに「はい、これ、気持ちだけやけどね」とおばさん(先代の奥方、当代の母上)がチョコを呉れた。毎年お客さん全員に渡しているそうだ。これまでもらった記憶がないので二月十四日にこの店に立ち寄ったのは初めてだったのだろう。感激した。もちろん、これ以外にも何人かのご婦人方よりチョコレートの到来があったことは多少自慢げ気に書きつけておく。

上の写真でチョコが二個乗っている本、阿部六郎『深淵の諸相』(芝書店、一九三六年一〇月二四日)の裸本。函付きだとかなりの値段。気に入ったのは前見返しに木版摺り蔵書票「古松蔵書」貼付、後ろ見返しに「EX LIBRIS/TOKYO/SHIBA/SHOTEN」というレッテルが貼付してあるところ。

f0307792_20280687.jpg


f0307792_20280479.jpg

「古松」が誰だかこれだけでは何とも分りかねる。シェストフ、独文系の論文集というつながりだけでドイツ語教育者として名高かった古松貞一かもしれないなどと妄想してみる。

「あとがき」の謝辞が凄い。

《この貧しい最初の著作に當つて、これらの文章を誘発して頂いた諸方の編輯者、特に谷川徹三氏、小林秀雄氏、小野松二氏等の厚意 河上徹太郎氏、吉田一穂氏、中原中也氏等の友情と啓発、並びに、芝隆一氏の不断の情誼に厚く感謝の意を表する。》

小野松二の名前を見つけて嬉しかった。小野が編輯していた雑誌『作品』に発表した論考が三篇収められているのから当然ではあるが。また「中原中也氏等の友情と啓発」にはちょっと驚いた。この年阿部は三十二歳。中原中也は二十九歳。仲がよかったのか。中也が急逝するのは本書発行日のまるまる一年後、昭和十二年十月二十二日である。






[PR]
by sumus2013 | 2015-02-14 21:12 | 古書日録 | Comments(0)
<< ソニ・テープ 父の帽子 >>