林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
有り難うございます! B..
by sumus2013 at 08:01
はじめまして。いつも楽し..
by ao at 19:14
当時は何も知りませんでし..
by sumus2013 at 17:39
そうでしたか、森原さんと..
by 岩田和彦 at 08:52
今後の刊行も大いに期待し..
by sumus2013 at 20:46
林様 ご紹介いただき、有..
by manrayist at 19:58
imamuraさま、何か..
by sumus2013 at 12:10
charaさま、なんと、..
by sumus2013 at 12:02
そのようなつながりがお有..
by k.imamura at 23:12
直違橋を〈すじかいばし〉..
by chara050505 at 18:05
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


魯迅と書籍装幀

f0307792_19482898.jpg


makino氏より『魯迅与書籍装幀』(上海魯迅記念館編、新華書店上海発行所、一九八一年八月)を恵贈いただいた。深謝です。魯迅については少し触れたことがある。

『吶喊』第17版
http://sumus.exblog.jp/17774552/

阿長と山海経
http://sumus.exblog.jp/17780215/

魯迅の熱心な読者とは言えないけれど『朝花夕拾』は何度読んでもいい本だと思う。『魯迅与書籍装幀』は魯迅自身の著者や翻訳書および魯迅がかかわった雑誌などの表紙を紹介した装幀図集である。あまり深いことを考えず表紙をポーンと再現しただけ、というこのシンプルさも近頃の凝りに凝ったブックデザイン集ばかり見ている目には何かあっけらかかんとして清々しい。

『吶喊』(新潮社、一九二三年初版)は魯迅自身が装幀した。本書でもその北新書局版が巻頭に置かれている。赤い表紙に黒ベタの四角形を中央やや上方に置き、そこに表紙と同じ色で囲みケイ、吶喊、魯迅、二重山パーレンを抜いただけ。要するにスミ一色刷りなのだが、非常に強い効果を上げているように思う。これが魯迅のセンスなら大したものだ。

以下、小生好みの表紙を本書からいくつか選んでみた。同業の観点からはレイアウトなどに厳密さを欠くきらいもあるが、それはそのまま図太さでもあると思う。

f0307792_19482512.jpg


f0307792_19481969.jpg


f0307792_19482712.jpg
題字「海燕」は魯迅による


f0307792_19482331.jpg


f0307792_19482169.jpg
銭君匋装幀


f0307792_19482690.jpg
銭君匋装幀


ここに引用した銭君匋の他に魯迅が何冊も装幀を任せた陶元慶という画家がいる。彼の装幀はなかなか華やかで、やはり画家らしい優美さを見せている。魯迅と陶元慶のかかわりについては陸偉榮「近代中国装幀人物(1)陶元慶」という論考がpdf.で読めるのは有り難い(日本語、カラー図版多)。

www.geocities.jp/ncgeiken/taoyuanqing.pdf

また朗文堂さんが魯迅およびこの本のことを懇切に解説しておられるのも参考になった。

紹興と魯迅、魯迅と版画、魯迅の図書装幀

魯迅が美術が好きだったことは『朝花夕拾』からでもよく分る。「百草園から三昧書屋へ」という少年時代の書塾の思い出を書いた一篇には次のようにある。

《私は絵を描いた。「荊川紙」と呼ばれる紙を、小説本の挿絵の上にあてて、習字の時にすき写しをするのと同じ工合に、一つ一つ写した。読む本が多くなるとともに、描いた絵も増えた。本は一向読めるようにならないのに、絵の方は随分よい成績をあげた。最もまとまったものは『蕩寇志』と『西遊記』の挿絵で、どちらも一冊の大部の本になった。その後、金が欲しかったので、ある金持の同窓に売った。》

これは岩波文庫版からの引用だが、同書の図版のなかにも魯迅が自ら『二十四孝図詩合刊』にある「五色鸚鵡の衣を著け嬰児と為りて親の側に戯る」の挿絵をすき写した一図が収められている。中央の右の小さい絵。

f0307792_19481364.jpg

魯迅にとってこれら「孝図」(孝行な子供の絵話)はひとつのトラウマとでも言うべきものらしい。

《私が手に入れた最初の絵の本は、ある同族の老人からの贈り物で、『二十四孝図』であった。これはごく薄っぺな一冊の本にすぎなかったが、絵の上方に説明書がついており、鬼よりも人間の絵が多かった。

《だが私は喜んだあげくの果て、つづいて忽ち興がさめてしまったのである。というのは、私は人にねだって二十四の故事を話してもらって後、「孝」というものがこんなにもむずかしいということを知って、それまで頑是ない子供心に妄想を逞しゅうし、孝子に成ろうと考えていた計画に、全く絶望を感じたからである。

絶望……するところが幼いなりのインテリジェンスなのだろうなあ。



[PR]
by sumus2013 | 2015-02-12 21:06 | 古書日録 | Comments(0)
<< 父の帽子 晩年の父2 >>