林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
かつては家族で前泊して、..
by 牛津 at 18:11
そうですか、同期でしたか..
by sumus2013 at 20:05
なんだか縁でつながってま..
by 大島なえ at 19:31
渋沢敬三は渋沢栄一という..
by sumus2013 at 19:02
昔は四十歳の人がこうい..
by arz2bee at 17:37
まさにおっしゃる通りと思..
by sumus2013 at 19:39
斜め読みのつもりが、グイ..
by sumus2013 at 17:16
不遇なりに、すべきことを..
by 中嶋康博 at 17:13
林さん、いつもありがとう..
by おかざきたけし at 09:22
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


晩年の父

f0307792_19432684.jpg

小堀杏奴『晩年の父』(岩波書店、一九四二年八月一〇日九刷)。小堀杏奴のたしか『回想』(東峰書房、一九四二年)が印象に残っていたため、これを均一で拾ったのだが、文字通り「拾い物」だった。

昨日の『男女東京遊学案内』との関連でこんなくだりが目に留まる。

《[姉の茉莉が]結婚してからも、私は姉が寂しがるので、度度台町へ連れて行かれた。
 父や母と一緒に食事に招かれる事も多かった。そこには兄の甥や姪達が多勢遊びに来てゐて、よく私達と一緒に遊んだ。その中の一人に非常に悪戯(いたづら)な男の子がゐて、よく私を困らせた。
 仏英和へ入学した時、喜んで徽章を付けて行くと、其の男の子が、
仏英和なんて吝(けち)な学校だ、そんな学校へ入つたつて一寸も偉くないぞ」
とひやかした。
 私は云ひ返す事も出来ず、黙つてゐると、父が、
「そんな事を云つたつて、お前の所の房子も仏英和へ入つてゐるぢやあないか」
と穏やかな調子ではあるが、何時になくきつぱりした声で云つて呉れた。
「なんでえ、一寸仮に入つてゐるんだ。もう直き余處(よそ)の学校へ変るんだよ」
と、其の子は少してれたやうに、だが一層むきになつて答へた。》

ここで「仏英和」と出ているのは現・白百合学園のことだろうと思う。『男女東京遊学案内』では「高等女子仏英和学校」として掲載されている。仏英和は表猿楽町にあったから観潮楼からはそう遠くはない。

高等女子仏英和学校

所在 神田区表猿楽町
目的 女子に必要なる高等普通の教育を施し優良の女子を養成するにあり
修業年限及学年 修業年限は本科四ヶ年外国語専科を二箇年となし一学年を分ちて三学期とす
 但本科の課程を終へたる後更に外国語専科第六学年の課程を修せしむ
入学資格 品行方正身体健全なる満十二歳以上の女子にして尋常小学校の課程を卒へたるもの又は之と同等以上の学力を有するもの
 但本科には満十六歳以上、外国語専科、英語速成科には満二十歳以上の女子の入学を許さず
学科 学科を分ちて本科、外国語専科、英語速成科の三種とす
 但随意科として手芸及音楽を授く学科課程及修業年限は別に之を定めず
学費
 一、入学金 金壹円
 二、授業料 左の如し(但八月は徴収せず七月九月は半額とす)

本科 第一学年〜第五学年  一箇月 金二円五十銭
外国語専科 一語   一箇月 金二円
      二語兼修 一箇月 金三円
英語速成科 各学年  一箇月 金一円 

寄宿舎 本校は寄宿舎を設け監督を厳重にし訓育保健に留意し父兄委托の任に背かざらんことを期す
 但入舎を許す十六歳未満の者に限る
寄宿舎費用左の如し
寄宿食料 和食   一箇月 金七円
     和様折衷 一箇月 金十一円
     洋食   一箇月 金十五円
寄宿舎費 一箇月 金一円

以上でほぼ全部の記述である。寄宿舎の食事が三種類に分かれているのが注意をひく。洋食ばかりだと和食の倍以上の費用がかかったわけだ。

杏奴は大正二年に仏英和の幼稚園に入学、同尋常小学校へ進み、途中、誠之尋常小学校へ転校した後、仏英和高等女学校(表記はウィキによる)へ大正十一年に入学している。

『晩年の父』の内容については明日あらためて。

[PR]
by sumus2013 | 2015-02-10 20:40 | 古書日録 | Comments(0)
<< 世界探検家 菅野力夫 男女東京遊学案内 >>