林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
すごい目録ですね! あり..
by sumus2013 at 20:43
https://www...
by 牛津 at 19:57
呼んでいただければ、どこ..
by sumus2013 at 08:09
こうなったら全国ツアーで..
by みつづみ at 06:47
「杉山平ーと花森安治」展..
by sumus2013 at 08:17
御刊行おめでたうございま..
by 中嶋康博 at 22:26
本文用紙も上質にしました..
by sumus2013 at 11:29
林さん、いい仕上がりにな..
by 岡崎武志 at 08:42
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大日本国民専用実地有益大全下巻

f0307792_19421212.jpg

田村美枝編輯、石橋中和校閲『鼇頭大日本国民専用実地有益大全 下巻』(兎屋支店、一八八六年六月出版発兌)。田村美枝は茨城県士族、当時は大阪府下に住んでいたようだが、それ以上のことは不詳。石橋中和は兎屋(大阪府下順慶町心斎橋南江入)こと有益堂(寺井与三郎)から何冊も著作を刊行している著述家、小説家である。

万民之実益 : 諸物製法妙術奇法 / 大阪 : 寺井与三郎, 明19.12.
大日本国民専用実地有益大全 : 鼇頭 / 大阪 : 有益堂, 明19.6.[石橋中和 閲]
明治二十三年夢想兵衛開明物語. 上巻 / 大阪 : 寺井書店, 明20.1.
明治廿三年夢想兵衛開明物語. 中巻 / 大阪 : 有益館, 明20.3.
鼇頭大日本実地真景名所図会大全. 第1巻 / 東京 : 兎屋, 明22.3.

f0307792_20060068.jpg
天地木口にマーブル模様が施されている。厚表紙、布装、エンボスで浮き出した文字と文様。洋書の重厚感を模倣する。扉の囲み模様なども洋書からの借用だろう。

f0307792_20083704.jpg
内容は実用性を備えた百科事典というおもむき。本文も図版もすべて銅版画刷りの細密な印刷。「文明開化とは俺様のことだ」とタンカを切っているような書物である。

f0307792_20103621.jpg
まず巻頭は「日本名所之部」東京市中繁昌の図から。銀座通りだろう。以下、横浜、仙台などと続いて……

f0307792_20055388.jpg
京都市中の図もある。四条大橋か。さらに大阪から九州まで紹介して四国に到るも、なぜか詳述されているのは丸亀のみ。丸亀が瀬戸内海交通の要所だったことを示している。

f0307792_20170899.jpg
丸亀は《愛媛県下讃岐国那珂郡に在り当国北の海濱にして是れを南海道往来の喉口とも象頭山[ぞうづさん]の参詣、大師霊場の遍路その余四国にわたるの旅客概ね皆な此地に到らざるハ無きの要地たり》とのこと。愛媛県下とあるが、讃岐国は明治初期から管轄が次々変更された。明治九年八月の第二次府県統合により愛媛県となり、それは第三次府県統合で香川県となる明治二十一年十二月まで続いた。

『大日本行程大絵図』大阪湾から瀬戸内海
http://sumus.exblog.jp/19520023/

丸亀の骨董屋
http://sumus.exblog.jp/18708271/


本書の内容の大きなジャンル分けだけ紹介しておく。

○築山庭造法之部
○楽焼奇法之部
○茶ノ湯之部
○囲碁之部
○婚姻心得之部
○女子化粧伝之部
○裁縫和装之部
○料理之部
○日用妙術之部
○方位之部
○家治心得之部
○農業心得之部
○いろは字引之部

これらが事細かに挿絵入りで説明されている。とくに婚姻心得などは結婚の心構えから始まって結納〜結婚当日までを順序だてて懇切に解説してくれており、今見てもたいへん役立ちそうに思える。日本版ブヴァールとペキュシェを書くならこんな本が絶対必要だ!

一例を引くと、日用妙術之部(便利なアイデア集)より「暑中に氷を製する法」。

f0307792_20485437.jpg

《壺に水を入れ口をかたくして釜に湯をたきらかし其の中へ入れ置き湯玉の立とき取上井戸の中へ入るべし忽ち氷となるなり》

これで本当に氷が作れるのかどうか? 昔から理科は得意ではなかったため何とも言えない。要するに冷媒を使わず密閉した蒸気を急速に冷やすということだが……さて(乞ご教示)

とにかくどこを開いても面白い。この本一冊じっくり研究すれば論文の一本や二本は書けそうだ(!?)

f0307792_21441542.jpg





[PR]
by sumus2013 | 2015-01-31 21:24 | 古書日録 | Comments(0)
<< Attaquer le soleil 古書会館de古本まつり >>