林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古書会館de古本まつり

f0307792_20112532.jpg

あいにくの雨ながら京都古書会館三階で初めて開催される古本まつりへ参戦。旧古書会館は町家で風情があった。今は八百一のビルになっている一角だと思う…たぶん。雨のせいもあってか、十時開場前に行列というようなことはなかった。入口で扉野氏とバッタリ。お寺へ出勤前にふと思い出して駆けつけたとのこと。これはラッキーだった。

会場はそんなに広くはないが、本の質量ともに十分楽しませてもらった。ただ徐々に人が増えて通路が混み合ってきたのにはやや閉口。それでもひとわたりは全店の棚を見る事ができた。ヨゾラ舎さんにも会った。買えるものがないとこぼしながら音楽関係の資料などをあれこれ真剣に吟味しておられた。けんじ堂さんには和田誠発見のお手伝いを。

f0307792_20112475.jpg

小生もなかなか買えないでいたところ、ふらりと現れた扉野氏が「これ、いりますか?」と差し出してくれたのが『新劇』二巻六号(新劇社、一九二四年六月一日)。
「え? どうして」
「波屋書房の広告がありますよ」
「もらう、もらう!」

f0307792_20112043.jpg


f0307792_20111916.jpg

f0307792_20111721.jpg


広告だけでなく発売元も波屋書房で大阪支社の住所も波屋書房内。よほど関係が深かったのだろう。編集長の寺南清一については不詳。本誌に「ハミルトンの戯曲論」を寄稿している金杉恒弥もこの雑誌には創刊号からかかわっていた。あとがきの一部を執筆している。金杉は後に慈恵高校の初代校長(戦中は慈恵医大の予科長だったようだ)になる英文学者。

大正十三年六月というと波屋書房が『辻馬車』(十四年三月創刊)の発行所となる前夜に当る。大正八年頃に書店を開いて五年ほど、店主の宇崎祥二はそろそろ出版に本気を示し始めたと言えるだろう。『新劇』についてはまったくこれまで視野に入っていなかったので貴重な発見となった。なにしろ200円だったし(目下「日本の古本屋」には創刊号のみ二点出品。値段は見てのお楽しみ!)。国会とカナブンにはなく日本近代文学館に以下の四冊が所蔵されている。

一巻一号 大正十二年十一月
一巻二号 大正十二年十二月
二巻一号 大正十三年一月
二巻二号 大正十三年二月

ブッダ・ハンド、ありがたや、ありがたや。

**

レジ脇で人を待っていると、中国人かと思われる若い女性(入場のときにちょうど小生の前を入って行った)がドーンと帳場に本を積み上げていた。二十冊くらいか。それも『源氏物語の研究』といった国文系の堅い分厚い本ばかり、加えて『一古書肆の思い出』も見えた。本格派である。レジ番をしていた何人かの古参店主たちが嬉しそうに「え、これ持って帰るの、根性あるねえ、送った方がいいよ」と言うのもなんのそのリュックに詰めるのだと主張。店主たちは雨なのでレジ袋に入れてからリュックに入れた方がいいなどと送り出しにおおわらわ。店主じゃなくてもあの買いっぷりには感心した。


**

会場で夜の遊歩者氏と落ち合って同氏宅へおじゃました。パリやミュンヘンで最近入手されたウィリー・ロニス(WILLY RONIS, 1910-2009)のヘリオグラビュール写真集などを拝見。戦後のパリを撮りつづけた写真家。ウクライナはオデッサ出身のユダヤ人移民の息子。ちょっと甘ったるい感じもするが、写真はうまい。下はヘリオ版ではなくイタリア語版のロニス写真集より。

f0307792_21071188.jpg


f0307792_21070955.jpg


f0307792_21065906.jpg





[PR]
by sumus2013 | 2015-01-30 21:19 | 古書日録 | Comments(0)
<< 大日本国民専用実地有益大全下巻 六尺の土 >>