林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


日本地理辞典2

f0307792_20025547.jpg

『日本地理辞典』に挟み込まれていた岩手無尽株式会社のパンフレット。前身は岩手無尽合資会社(大正四年設立)で、大正九年に株式会社、昭和十六年に興南無尽株式会社を買収して岩手興産無尽株式会社となり、現在の北日本銀行へつながっているようだ。


『日本地理辞典』をずっとめくっていると地理辞典というよりも観光案内の性格が強いのかもしれないと思ってしまう。その理由のひとつが写真の多用である。多くは神社仏閣なのだが、都市の景観や風俗なども折々に挿入されていて大いに興味をそそられる。論より証拠、いくつか引用してみよう。

f0307792_20270411.jpg
足尾銅山の道路鉄橋古河橋
http://tabija.com/世界遺産登録をめざす銅山遺跡「蘇るか足尾銅山-2/
田中正造が天皇に直訴したのが明治三十四年十二月、本書刊行のおよそ五年前になる。大事件だったので写真掲載となったのだろう。同じように日清日露の戦場、鴨緑江だとか旅順口なども写真入りで詳しく紹介されている(「付録清韓地理辞典」)。

f0307792_20285363.jpg
大阪の天満橋。明治十八年の大洪水で木造橋が流されたため鉄橋に架け替えられた。


f0307792_20310920.jpg
こちらはお江戸日本橋。明治三十一年落成。明治四十四年に現在の石造橋が出来る前の姿。

f0307792_20361179.jpg
高松港。これが昨年紹介した中桐絢海の観楓日記に登場する高松港に割合と近いかもしれない。http://sumus2013.exblog.jp/23456305/
(『観楓日記』に高松港、箕面の瀧、通天橋、中之島公園の写真を本書より追加しました。左欄外カテゴリ「うどん県あれこれ」をクリックしてください)

f0307792_20404031.jpg
高松港がしょぼいのは分ったが、横浜港もそんなに大きな違いはない(?)

地方風俗としてはアイヌも写真入りで紹介されているし、沖縄婦人と台湾生蕃婦人の写真が出ている。韓国がまだ外地扱いなのに対して台湾は日本領土として本編で紹介する。清国からの割譲が明治二十八年だから以来十年は経ているわけだ(清国と韓国については上述「付録清韓地理辞典」を収載)

f0307792_20190773.jpg
沖縄婦人

f0307792_20271714.jpg
台湾生蕃婦人


なお本書は某氏にお借りしているもの。某氏いわく今治町が「いまはるまち」となっているのはどうして? 分りません。今治藩時代から「いまばり」のようだが。

f0307792_20535359.jpg


他にも台湾の地名で台北(Taipei)が「だいほく」台中(Taichung)が「だいちゅー」台南(Tainan)が「だいなん」となっている。ただし台湾(Taiwan)は「たいわん」。「台湾」についてのウィキを読むとその語源についてこう書かれていた。

台湾の語源は不明確で、原住民の言語の「Tayouan(ダイオワン)」(来訪者の意)という言葉の音訳とも、》《大員(現・台南)が ダイワンと呼ばれており、そこにオランダ人が最初に入植したためとも見られている。いずれにしても原住民の言葉が起源と見られ、漢語には由来していない。

最新の研究に基づくというのはひょっとしてこういう事なのかも知れない。百年前の日本と周辺国がこの一冊に詰まっていると思えるような貴重な辞典である。





[PR]
by sumus2013 | 2015-01-25 21:28 | 古書日録 | Comments(0)
<< 女流作家のモダン東京 日本地理辞典 >>