林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
近世から現代への「詩」の..
by sumus2013 at 08:05
御紹介ありがたうございま..
by 中嶋康博 at 22:35
毎度お世話になっておりま..
by sumus2013 at 08:06
《吉岡実書誌》、ご紹介い..
by 小林一郎 at 21:01
『北の部屋』復刻版の書影..
by sumus2013 at 20:07
詩人としては九州で刊行さ..
by 中嶋康博 at 18:13
近江兄弟社はさまざまな事..
by sumus2013 at 19:57
近江八幡へは高校訪問に行..
by 中嶋康博 at 10:11
御教示ありがとうございま..
by sumus2013 at 17:24
『ルネサンス』 ピコ・..
by 牛津 at 16:48
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


演芸画報二冊

f0307792_19573024.jpg


『演芸画報』第十八年第十一号(演芸画報社、一九二四年一一月一日)、初詣の一冊。表紙は名取春仙「沢村宗十郎の「菊畑」」(当代名僧似顔絵画集の十一)。特集は築地小劇場での「ジョン・ガブリエル・ボルクマン」(イプセン晩年の作品)。小山内薫、中村吉蔵らが執筆。その他、正岡、岡鬼太郎、岡本綺堂そして三島霜川らが寄稿しており、ちょいちょい拾い読みしてもなかなか面白い。kaguragawa 様がコメントくださったので霜川の連載から少しばかり引用してみる。

f0307792_19572956.jpg

「むかし観た芝居の追憶 団蔵覚え帳 『歌舞伎幻象録断片』の五」より。旧漢字は改めた。総ルビも煩雑なのでごく一部を除いて省略した。

団蔵は、人気なき役者にてありき。九蔵時代より一部の好劇家には団菊と駢(なら)びて、一代の名優とたたへられながらも、いつも当時の小芝居に沈淪し、または旅を廻り歩きて、いはゆる大舞台に出でしこと、極めて稀に、殆ど其の生涯を不遇に終りしなり。

という導入につい引き込まれる。つづいて霜川は団蔵の演じた役をつぎつぎ挙げながらその印象を述べていく。

《『東海道四谷怪談』の直助権兵衛の如きも其の一ツなり。鰻かきの竿をかたげて、足早に出て来たりし姿、足、腰も割合にシャツキリとして、いと、こころよきものにてありき。鰻かきの鈎(かぎ)にかゝりし櫛を透し見て『何ンだ、櫛か』と云ふところなど、芝居気を離れたる。しぶき声音(こわね)の如きは、今も、耳の底に残りてあり。思ふに、この直助権兵衛の如きは、大幸四郎以来、伝統の芸脈をたどりて表現されし、江戸的世話味の精髄といふべきものにてありしならんか。

団蔵は、その稜々(かたかた)しく、いかにも一癖ありぬべき顔つきに、おのづから『むほん気』ともいふべき、ある暗影がたゞよひて、それが、この種の『根強き』役にピタリと嵌(はま)り、さながらに其の人を見るの思ひあらしめたることも少なからざりき。この大膳の如きも其の一ツなり。陰鬱にして兇悪、傲岸にして辛辣ーーそれに、幾分かの色気の加味されしが、団蔵の顔の大体の感じにてありしなるべし。されば、その顔を蒼ばむまでに白く塗り立てし時などは、見るから威圧的なる在る凄みが醸されて、『兇悪』其物の表現とと[ママ]思はるゝこともありしなり。予は、不思議に其の顔を好みたり。されば、此の大膳や『躄仇討(いざりのあだうち)』の瀧口上野やなどが、深く予の心に沁み入りしも、当然のことなり。九蔵時代の仁木や光秀などが、今に、予が幻に、ありありとしてあるも、或は其の『顔つき』を法図(はふづ)もなく好みたる故にてもありぬべきか。

古文を装いながらモダンな精神を宿らせている文章だ。だから、なるほど、霜川は団蔵のリアリティを尊ぶのであろう。それにしてもディテールまでよく覚えているものだ。われわれなどでも若いときに観た映画は忘れられないシーンが多いのだが、芝居通というのは、またひと味違うマニアックな世界に浸っているようにも思われる。

f0307792_19572725.jpg
『演芸画報』第六年第九号(演芸倶楽部、一九一九年九月一日)、表紙は鳥居清忠「所作事十二ヶ月の内『浅妻船』」。上の号と二冊均一台に出ていた。こちらには松崎天民が「女優さん出入り帳」という女優論とでも言うべき一文を寄稿している。冒頭で松井須磨子の偉大さを述べておいて、それ以後に名の出た女優達の末路を総ざらえする。ほとんど全員が舞台を離れてしまっているのだ。

《近代劇の衣川孔雀(きぬがはくじやく)は、寺木歯科医院に嫁して、人妻の幸福らしい顔をして居り、帝劇で其の前途を嘱目された鈴木徳子は、沢村宗之助と恋に落ちて、妻となり母となり、その女優生活を打切つてしまひ候。》

などとつぎつぎにやり玉に挙げて、こういうふうにまとめる。

《今日までの十年は、謂はゞ「女優の出来た時代」の事ゆゑ、いろんな悲喜劇もあつた訳なれど、これからの十年は、今までの様なのでは駄目に候。「ほんとの女が扮する真の女の芝居」を見んことは、小生等が多年の期待にして、また時世の要求と、申さるべく候。》

しごくもっともな意見であろう。これは大正八年だから…もうしばらく待たないとそういう時代はやってこない。








[PR]
by sumus2013 | 2015-01-15 20:27 | 古書日録 | Comments(4)
Commented by miti-tati at 2015-01-16 11:02 x
歌舞伎の話題ですか。おっしゃっているのは七代目團蔵だと思います。仁木のいい写真が残っていますよね。五代目が渋團蔵、例の落語の淀五郎で、彼の塩谷判官の芸がまずくって團蔵の由良が「本当に腹を切れ」と言って教えたひとですね。
八代目は晩年四国巡礼の旅の途中で入水自殺したひとで、残っているビデオで数役見ております。ともかくいい役者が少なくなりました。
Commented by sumus2013 at 2015-01-16 20:12
miti-tatiさま 歌舞伎にもお詳しいのですね! いつもながら感服いたします。
Commented by kaguragawa at 2015-01-17 20:48

霜川にふれていただき有り難うございます。ずっと明治30年代の霜川の作品を読んでいて、大正昭和初期の歌舞伎評論はようやく昨年から目を通し始めましたが、捨てがたい内容の文章が多いですね。森銑三が霜川の評論を愛読したとどこかに書いていたのを思い出しました。
Commented by sumus2013 at 2015-01-17 21:08
霜川の文章好きになりました。機会があればもう少し読んでみたいものです。
<< 絵画辞典 日本の紙 >>