林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
巴里アンフェール
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
> 岡崎武志さん ほん..
by sumus2013 at 20:17
あれえ、和室は気づきませ..
by 岡崎武志 at 14:50
なるほど。さすが。思いも..
by sumus2013 at 08:06
それは是非! 変った人だ..
by sumus2013 at 19:51
きだみのるについて、宮崎..
by k,imamura at 16:21
お待ちしております。福あ..
by sumus2013 at 07:47
 終わり頃に伺えるチャン..
by arz2bee at 23:42
女子美人脈、歴史が長いだ..
by sumus2013 at 17:28
大橋鎭子さんの母親、久子..
by 唐澤平吉 at 15:09
お嬢さんも独立されたです..
by sumus2013 at 19:41
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


NRF装幀

f0307792_20215207.jpg


新潮文庫がNRFの装幀にヒントを得ているとコメント欄に書いて、あれ? 実際どうだったかなと心配になって貧しい文庫棚を探してみた。古い新潮文庫がほとんどない。かろうじて見つけたのがこちら『林芙美子傑作集』(新潮文庫、一九五二年三月三一日五刷、初版は一九五一年)。戦後は昭和二十二年七月発行の川端康成『雪国』が最初の作品だから五年も後の本だ。たしか以前持っていた戦後直ぐに出た版は紙質がもっと悪かったような気がする。デザインは山名文夫と思うが、NRFに似ていながら、より優美な雰囲気で仕上げている。

折戸彫夫の詩集はこんな感じ。

f0307792_20373244.jpg

『虚無と白鳥』ウルトラ編集所、一九二八年


f0307792_20385434.jpg

『化粧室と潜航艇』ウルトラ編集所、一九二九年

黒の囲みケイが効いている。これがNRFとの類似を強めているようだ。新潮文庫は囲みケイをすべて赤茶にしたことで印象がかなり穏やかになった。



***

f0307792_20413405.jpg
今日届いた『さんちか古書大即売会』(二〇一五年一月二二日〜二七日)の目録に今話題沸騰の『シャーリー・エブド』とその前身『アラキリ・エブド(レブド・アラキリ)』がどっさり百冊出品されていてビックリ(口笛文庫)。あまりにタイムリーではないか。当ブログでも『バター皿』というそれらの元祖と言うべき雑誌を紹介したばかりではあるが…これには驚いた。

アラキリ(ハラキリ)

[PR]
by sumus2013 | 2015-01-09 20:51 | 古書日録 | Comments(0)
<< 中之島図書館 越谷小説集 >>