林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
関西の出版社
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
確か『資本論』でも一悶着..
by sumus2013 at 15:36
真意はよく分かりませんが..
by sumus2013 at 15:28
春陽堂文庫などから被害を..
by 牛津 at 08:37
過激な座談会ですね。それ..
by 牛津 at 08:09
ご冥福をお祈りいたしたい..
by sumus2013 at 10:13
そうですか、志賀さんがお..
by akaru at 08:47
ご盛会をお祈りしています..
by sumus2013 at 21:53
林先生。『型染展』の案内..
by k-turezure at 21:27
9月の京都、楽しみにして..
by H at 23:01
九月には京都で個展の予定..
by sumus2013 at 21:21
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


バター皿

f0307792_19424919.jpg

『L'Assiette au Beurre』No.150(Février 1904)。昨年六月のジョルジュ・ブラッサンス公園で求めた。大判(A4より一回り大きい)の薄っぺらいこの雑誌が何十冊もあって、どれも魅力的だったが、この表紙の迫力に負けた。

「L'Assiette au Beurre」は文字通りには「バター皿」という意味。しかし隠語では「うまい汁」(利権)。一九〇一年四月にこの諷刺雑誌『バター皿』は創刊され、ベル・エポックのフランスのジャーナリズムに革命を起こしたと言われるくらいの衝撃を与えた。一二年までは週刊、その後月刊になり不定期になって三六年に廃刊したという。

絵がズラッと並び、短いコメントが添えられている。画家ではヴァロットン、ヴァン・ドンゲン、キュプラ、ホアン・グリス、ジャック・ビヨンなど著名になった者もいれば、その後忘られたグランジュアン(Granjouan)、ドラノワ(Delannoy)そしてこのジョソ(jossot)など有力な漫画家を輩出している。執筆者ではアナトール・フランス、レオン・ブロワ、オクターヴ・ミルボーなど。

表紙は「進め!」とどなっている巡査。この号は巡査の巻。

f0307792_19424827.jpg

左「タバコ屋への道路をきれいさっぱり片付ける方法を知らんだろ」
右「つべこべいうなら、わしがつるしあげてやるぞ」

f0307792_19424601.jpg
左「おまわりさん…」「わしの知ったことじゃない」
右「ぐずぐず言うのはどこのどいつだ、くたばりたいか!?」

f0307792_19424577.jpg
左「中央班で押しつぶせば、混乱するじゃろう」「誰が騒乱をたたくんだ…?」
右「町におまわりさんは、必要だ!」

f0307792_19424337.jpg
平和の守護者

f0307792_19424175.jpg
左「こいつは”ポリ公”と言いやがったそうだ」
右「やつは昇級するには普通すぎますな、ある共同体の出身で…」
 「班長! フランス人を知らんのか。共産主義とは言わんでくれよ」

f0307792_19423991.jpg
左「やあ! こいつはブンやだぞ!!!」
右「ブランデーを忘れるなよ、棍棒もな」

f0307792_19423743.jpg

左「畜生、ひどい風だぜ」「まだ颱風ってわけじゃないよ」
右「こいつらに話をつけさせろ!」

f0307792_19423419.jpg
「解散!」

……と誤訳もあるかもしれないが、だいたいこんなところ。ジョソの筆法は線描と平塗が特徴で浮世絵から影響を受けたと言われているようだ。というか、今でもフランスで大人気放送中の米国アニメ「シンプソンズ」にそっくりなんですけど。



[PR]
by sumus2013 | 2015-01-04 20:41 | 古書日録 | Comments(0)
<< ふやふや堂 ブヴァールとペキュシェ >>