「ほっ」と。キャンペーン

林哲夫の文画な日々2
by sumus2013
カテゴリ
全体
古書日録
もよおしいろいろ
おすすめ本棚
画家=林哲夫
装幀=林哲夫
文筆=林哲夫
喫茶店の時代
うどん県あれこれ
雲遅空想美術館
コレクション
おととこゑ
彷書月刊総目次
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
お気に入りブログ
NabeQuest(na...
daily-sumus
Madame100gの不...
最新のコメント
それは深いですね! 
by sumus2013 at 11:39
有り難うございます。まっ..
by sumus2013 at 08:16
火編に禾で「あき」=秋の..
by KYO at 22:49
返信いたしましたが、届い..
by sumus2013 at 11:43
トビラノ君が還暦になるま..
by sumus2013 at 09:08
右へならえは嫌いだったの..
by sumus2013 at 20:06
花森を論ずるとき、小生が..
by 唐澤平吉 at 20:01
メールが不明で戻ってきま..
by sumus2013 at 17:15
ヴァネッサ・テイト『不思..
by sumus2013 at 17:12
返信さしあげたのですが、..
by sumus2013 at 17:24
メモ帳
最新のトラックバック
天才画家ゴッホの生涯と画..
from dezire_photo &..
ルーベンスの故郷、ヨーロ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
視聴率に関係なく選んだ2..
from dezire_photo &..
宝石のような輝をもった印..
from dezire_photo &..
ルネサンス美術の巨匠・ピ..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
過去に来日した傑作を回顧..
from dezire_photo &..
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


原崎俊一『詩作ノート』2

f0307792_20082130.jpg


f0307792_20082251.jpg

原崎俊一『詩作ノート』に掲載されている「詩作ノート」原本の写真。記載の年月日がはっきりしないものが多いが、どうやらおおよそ戦後のもののようである。二十歳の頃のノートや三十の頃のノートから書き写したと断り書きのある作品も見える。

f0307792_20081948.jpg

f0307792_20081707.jpg
活字になったものに更に修正が施される例も多い。大方の切り抜きには初出が明記されていないが、例外的に上の原稿には《一九四七年三月》という文字が読み取れ、印刷された作品切り抜きの方には《23・3・13日》とある。

同じくスクラップされている『焼津高等学校新聞』(昭和三十八年七月)に掲載されたエッセイ「わが青春を語る」では詩との関わりを以下のように回想している。中学卒業は大正八年。

《私は早稲田の大学予科に入ることにした。
中学の終り頃であったか、詩人の日夏先生が「中央公論」に極く稀に書いていた。とてもよくは解らないものであったが何かしら「宿世の縁」とでもいったような親しいものを身内に感じていた。そういうものがあって、私を先生のいる大学の方へと何となく引きよせたように思う、父は、とりえのない平凡鈍才の私に、商科へでも進むように考えていたが、そこでは、私は自分を何か場違いの異邦人のように感じられて、いつとはなしに、殆ど父の了解も得ないで文学部へ移ってしまった。そこで、ようやく水の中に入れられた魚のような心持がしが、そこで一生懸命に文学を勉強したかといえば、およそ実際はその反対であった。》

兄(俊一)が文学へ進み弟も哲学を勉強すると言い出して父親を困惑させたようだ。結局は許してもらっている。また肺尖がおかしいという診断を受け郷里で療養する日が続いたこともあった。そのとき「自然」への傾倒を深く醒まされた。

《思えばこの時期は、その後間もなく私の陥った、まるで狂気の縁(へり)を這ってゆくような想念に到った恐ろしい日々の前にあった、詩と憂鬱に満ちた穏かな青春の一時期であったーー

とここでエッセイは終わっており「恐ろしい日々」がどういうものであったかは分らない。詩句を読み込めば少しは窺うことができるかもしれないと思うが。



[PR]
by sumus2013 | 2014-12-27 20:50 | 古書日録 | Comments(0)
<< 梓会出版文化賞第30回記念特別賞 歳末古書ノ市 >>